« 財務省の効率化の論理が教育を駆逐するのか | トップページ | なぜ「靖国派」と財界がむすびつくのか »

2007/05/22

最初から本音ですか――集団的自衛権で柳井氏

 もう最初から、結論があることをそんなにはっきり言うとは…。いやあ、驚きというか、国民の声なんてどうでもいいんでしょうね。そして、専門家の議論などもお構いなしにすすめるというのでしょうか。

憲法解釈変更が必要 有識者会議の柳井座長(共同通信)

 集団的自衛権行使に関する政府の有識者会議で座長を務める柳井俊二前駐米大使は21日夕、都内で講演し「日本が置かれた安全保障環境が大きく変わる中、60年前の状況で考えられた憲法解釈で今後も生きていけるのか」と述べ、行使を禁じた解釈見直しの必要性を強調した。
 同時に「日本国民の生命、財産を守ることを基本に考えて検討すべきだ。同盟国を助けることは自分たちを助けることにもなる」と述べ、集団的自衛権行使による日米同盟強化が日本の安全につながるとの認識を重ねて示した。…

 こんなことを許していては絶対にダメです!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 財務省の効率化の論理が教育を駆逐するのか | トップページ | なぜ「靖国派」と財界がむすびつくのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/15169514

この記事へのトラックバック一覧です: 最初から本音ですか――集団的自衛権で柳井氏:

« 財務省の効率化の論理が教育を駆逐するのか | トップページ | なぜ「靖国派」と財界がむすびつくのか »