« 華麗なる一族 | トップページ | 外交激変(読み始め) »

2007/04/02

「自衛官は、人殺しの練習をしている」

 今日、埼玉ではこんな一幕があった。

「自衛官は、人殺しの練習をしている」 上田・埼玉知事(朝日新聞)  2日行われた埼玉県の新規採用職員の就任式で上田清司知事が「自衛官は人殺しの練習をしている」と発言し、後に「適切ではなかった」と釈明する一幕があった。  発言は県庁職員としてのやりがいなど、使命感について触れた場面であった。「自衛官の人は、平和を守るために人殺しの練習をしている。警察官も、県民の生命や財産を守るために、人を痛めつける練習をする。だから我々は『偉い』と言って褒めたたえなければならない」と話した。 ……

 上田知事は式の後で、「適切ではなかった」と言っているそうですが。
 さて、この発言の問題は何かです。 「自衛官は、人殺しの練習をしている」というのは、一面として(実態として)は、当たっているということができるでしょう。しかし、自衛隊という組織が、「人殺しの練習」をするということは、法律のうえからがありえない話でもあるのです。なぜなら、日本は憲法上、交戦権がありません。したがって、自衛隊員による武器の使用ということも、自身の身を守るということに限定することを含め、2重3重の規制がこれまでかけられてきたわけです。それは、イラクにおける自衛隊の活動を見てもわかることですし、ましてや、イラク以外の自衛隊の海外での活動は多くの場合は丸腰です。それが、近年、アメリカ軍と一体となった活動が広がるなかで、武器使用の基準の緩和がおしすすめられようとしているのです。昨年、自衛隊法が「改正」されましたが、この時期に、部隊行動基準(ROE=海外では交戦基準という)の改定をしています。この流れの裏には、憲法「改正」で、自衛隊を「軍隊」にしようということがあるのは言うまでもありません。
 つまり、「人殺しの練習をしている」というのは、自衛隊が「軍隊」であるということを認めよと言うことでもあるのです。あからさまに、改憲を主張するに等しい発言として、批判されなければならないと、私は思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 華麗なる一族 | トップページ | 外交激変(読み始め) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14500448

この記事へのトラックバック一覧です: 「自衛官は、人殺しの練習をしている」:

» 上田知事 [今日のキーワード]
上田 清司(うえだ きよし、1948年(昭和23年) 5月15日)、政治家。 現.埼玉県知事 1期 「自衛官は、人殺しの練習をしている」上田知事 式の後で、上田知事は「マイナスの仕事がある自衛官や警察官と比べて、県庁の仕事は多くの人に喜びを与え、自らも喜びを感じられることを説明したかった。分かりやす...... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 21:54

« 華麗なる一族 | トップページ | 外交激変(読み始め) »