« 少年裁判官ノオト | トップページ | 慰安婦問題の資料、南京事件集会など »

2007/04/25

ネットカフェ実態調査のとりくみ

 若者の「格差」「貧困」を若者自身が告発しようというとりくみがすすんでいる。

ネットカフェ実態調査、ワーキングプア背景さぐる(読売新聞)

 ネットカフェや漫画喫茶を宿代わりにする若者が増えている問題で、労働組合やNPO法人のメンバーが24日夜、東京都内で利用者の実態調査を行った。働いても低収入の「ワーキングプア」と呼ばれる人たちが利用しているとみられており、こうした問題の背景を明らかにするのが目的だ。
 首都圏青年ユニオンなどのスタッフ約25人が、東京・大田区の蒲田駅周辺で午後9時から約2時間、「1時間100円」「深夜から朝まで8時間で880円」などの看板を掲げるネットカフェ6店に出入りする若者らから、週の宿泊日数や、生活ぶりなどを聞いた。
 自立のため都内の実家を離れたが、派遣社員としての給料が安く、家賃を工面するゆとりがないという27歳の男性や、3年前に夫の家庭内暴力から逃げ出して以来、月収9万円程度のパートなどで働きながら、寝泊まりしている30歳代の女性らがいた。…

 彼らは、五月二十日に、「5・20全国青年雇用大集会in明治公園」という集会を開く。「まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!」というスローガンだ。求人は増えたといわれるが、どうも、その働かされ方も含め、実際の、働くことをめぐる問題は根が深そうだ。若者たちのとりくみに注目したい。
 集会のブログは、http://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 少年裁判官ノオト | トップページ | 慰安婦問題の資料、南京事件集会など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14847597

この記事へのトラックバック一覧です: ネットカフェ実態調査のとりくみ:

« 少年裁判官ノオト | トップページ | 慰安婦問題の資料、南京事件集会など »