« この人の歴史観は問われなければならない | トップページ | 王の男 »

2007/04/22

二男の誕生日

 朝、10時過ぎまでベットのなか。久しぶりに、遅くまで寝ていると、やはり一日中身体はだるい。のろのろと起き出し、午前中に、まだ見切れていなかったDVDを。それから、とにかく職場に向かう。だるいのは二日酔いのせいかとも。
 電車のなかで、途中、またまたT大のT教授といっしょになる。明日朝から、東北での講演のため、いまから、羽田に向かいという。15分ほど、慰安婦問題などで情報交換。
 職場につくと、職場は工事中。喧噪のなか、まだ決着がついていなかった最後の10Pをなんとか着地。やっと、メドがでた一日。帰りの電車の中では、『少年裁判官ノオト』を読む。
 さて、今日は、二男の誕生日。早いもので17回目である。やっぱり元気に育ってほしいとねがっていたから、17回目というのは何となく、うれしい。帰りにプレゼンとも買い、夜は三人で、イタメシ屋に。

« この人の歴史観は問われなければならない | トップページ | 王の男 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二男の誕生日:

« この人の歴史観は問われなければならない | トップページ | 王の男 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31