« 二男の誕生日 | トップページ | 教育3法案 何が問題か(1) »

2007/04/22

王の男

Photo_7 やっぱり韓国映画はおもしろい。この映画にも、正直、脱帽です。ストーリーも、絵も、俳優も、演出も、申し分がありません。
 物語は、李氏朝鮮の燕山朝時代。チャングムの舞台になった中宗の世の直前です。希代の暴君と言われた王と宮中の政争に、

 韓国で史上最悪の暴君と語り継がれる王・ヨンサングンに気に入られた旅芸人が、愛と嫉妬の渦に巻き込まれていく王朝ロマン。王と妾を皮肉った芝居を演じたチャンセンとコンギルは、王の目前で芸を披露することに…。

 チェンセンのカム・ウソンがしっかりした演技をしているのですが、やっぱり、イ・ジュンギの印象は強烈。途中、京劇のシーンもあり、なんとなく「覇王別記」のレスリーチャンを思い出す。
 この映画に見せられるのは、面白さととともに、その視線に、貧しい、しいだげられた人々への共感のまなざしというか、素朴な感情への共感だろうか。人物も単純につくられているわけではない。暴君には事情があり、そこに同情する、コンギルの優しさ…。暴力的な支配へのチャンセンの素朴な抵抗。
 ほんとうに、面白い映画だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 二男の誕生日 | トップページ | 教育3法案 何が問題か(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14815344

この記事へのトラックバック一覧です: 王の男:

» カム・ウソン - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
カム・ウソンの最新情報と人気アイテムが一目でわかる! DVD - 王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) [続きを読む]

受信: 2007/04/24 17:37

« 二男の誕生日 | トップページ | 教育3法案 何が問題か(1) »