« 予想上回る教職員退職 | トップページ | 改憲手続き法 重大局面に »

2007/03/07

ボリビア大統領の9条へのエール

今朝の朝日新聞に掲載されていた記事です。新たな国づくりのうねりのなかにある南米の大統領の発言です。

「新憲法で戦争を放棄する」ボリビア大統領が都内で講演(朝日新聞)  来日中のモラレス・ボリビア大統領が6日、東京都内の日本貿易振興機構(ジェトロ)で講演し、「新憲法で戦争を放棄する」と語った。同国は徴兵制を敷き、約4万6000人の軍を持つと見られるが、「軍隊なしで人命を救える。武装放棄しながら、社会的な戦いを続ける」とも述べた。  …モラレス氏は講演で、「戦争は解決策にならない」「唯一の良かった戦争である独立戦争でも、混血の人たちや先住民の人命が失われた」などと話した。  またモラレス氏は同日、安倍首相と首相官邸で会談した際も、戦争放棄をうたう日本の憲法を念頭に、「ボリビアは日本のような大国ではないが、似た点もある。人々が手に手を取って平和に生きる社会。そういう観点から、戦争放棄を憲法改正で掲げたい」と語った。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 予想上回る教職員退職 | トップページ | 改憲手続き法 重大局面に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14182716

この記事へのトラックバック一覧です: ボリビア大統領の9条へのエール:

« 予想上回る教職員退職 | トップページ | 改憲手続き法 重大局面に »