« 安倍流「教育改革」で学校はどうなる | トップページ | 東京知事選がはじまりました »

2007/03/22

教育3法案 中教審答申を読む(そのⅡ)

 教育3法案の第二の教育職員免許法「改正」案の話にいくまえに、学校教育法について、もう少し書いておきます。学教法「改正」については、先日も書いたように、義務教育の目標の問題が大きな問題であることは言うまで夫ありませんが、「評価」ということが、法律上位置づけられることをどう考えるかは、もう1つの重要な点です。とりわけ、今年から全国学力テストが、世界でも例のない「悉皆」(全員)という形でおこなわれます。統計的な調査なら、抽出こそが正確なデータがとれることは常識です。悉皆の調査は、そのまま学校の評価、教員の評価につながります。学力テストという恣意的で、一面的な「評価」が、学校に持ち込まれる。その対策のための、「情報の提供」が、学校に求められ、そして待遇と連動した「評価」で、学校は振り回される。こう考えるのは、杞憂にすぎないのでしょうか。
 犬山市が、学力テストに参加しなかった意味をもう一度考えてみたいと思います。
 『全国学力テスト、参加しません。』という素敵な本がつくられました。実は、まだ読んでいませんが…(汗。
「4c.pdf」をダウンロード

 先ほど紹介した本で、世取山さんは、新自由主義の「教育改革」は新しい段階に入ったと論じているのですが、その新しい段階に、向かい合うことが求められているのです。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 安倍流「教育改革」で学校はどうなる | トップページ | 東京知事選がはじまりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14355445

この記事へのトラックバック一覧です: 教育3法案 中教審答申を読む(そのⅡ):

« 安倍流「教育改革」で学校はどうなる | トップページ | 東京知事選がはじまりました »