« 真空地帯 | トップページ | 健康診断 »

2007/03/12

教育3法案についての中教審の答申

 10日の土曜日に中教審が教育3法案答申を決め、伊吹文明文科相に提出しました。答申は、最後までもめ、総会の直前に開かれた、合同分科会の場でも、文面の修正がおこなわれたと言います。
 総会に提出された答申の案は以下の通り「190310tousnnsyuusei.pdf」をダウンロード

 さて、答申を受け、伊吹文科相は「今月中に国会に三法案を一括して提出して審議をお願いしたい」「国会で成立させ、現場へ反映させる」と述べたそうですが、いよいよ三月後半には、法律として姿を現すことになります。改悪教育基本法の具体化とのたたかいが始まります。

 この教育3法の最大の特徴は、いずれも国家の教育への介入を強化することにあると思います。学力テストで、競争を重視し、新自由主義的な「改革」をすすめるわけですが、その核心部分は、国家というのが、現在の「新自由主義」の特徴をよく現しているのかもしれません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 真空地帯 | トップページ | 健康診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14242069

この記事へのトラックバック一覧です: 教育3法案についての中教審の答申:

« 真空地帯 | トップページ | 健康診断 »