« 戦争の記憶を歩く 東南アジアのいま(追加) | トップページ | 全国学力テスト、参加しません。 »

2007/03/30

「軍が強制」に検定意見

 高校で使用される教科書の検定結果が発表されました。今回の問題は、沖縄戦をめぐるもの。少々、おどろきました。

「軍が強制」に検定意見 高校教科書、発展は増加(共同通信)  文部科学省は30日、2008年度から使用される高校教科書(主に2、3年生用)の検定結果を公表した。日本史A、Bでは第2次世界大戦中の沖縄戦で日本軍が住民の集団自決を強制したとの記述7カ所に、修正を求める検定意見が初めて付いた。…  沖縄戦の集団自決は、昨年の検定まで軍の強制を明記した教科書もすべて合格していた。  しかし文科省は今回から方針を転換。「日本軍は(中略)くばった手りゅう弾で集団自害と殺しあいをさせ」と記述した教科書には「沖縄戦の実態について誤解するおそれのある表現」と検定意見で修正を求めた。

 朝日新聞によると、「文科省は、判断基準を変えた理由を(1)『軍の命令があった』とする資料と否定する資料の双方がある(2)慶良間諸島で自決を命じたと言われてきた元軍人やその遺族が05年、名誉棄損を訴えて訴訟を起こしている(3)近年の研究は、命令の有無より住民の精神状況が重視されている――などの状況からと説明する」ということです。実際、時事の配信では、

 日本史Aの記述を修正したある出版社の編集部長は「教科書調査官から『命令はなかったというのが定説になりつつある』と説明を受けた」と明かした。

 というのです。
 しかし、ほんとうに定説になっているでしょうか。ある元軍人のよる提訴が1つあったにすぎないのです。それをもって、教科書を権力的に書き換えるなど、それこそ、政治的な「検定」であるというほかありません。この自決命令については、沖縄戦直後の米軍による住民の聞き取りの中で、捕虜になりそうになったら自決しろと命令されていたという証言が残されているをはじめ、数多くの証言が残されています。

 沖縄の琉球朝日放送のWEBから紹介しておきます。

 この方針転換に、集団自決の現場に居合わせ姉を亡くした宮城恒彦さんは「集団自決の証拠がないと言うなら、質問したい。民間人に日本兵から手榴弾を渡したと言うことは、これは何かという事」と述べました。
 教科書記述の部分を修正するかどうかは教科書を発行する会社の自主判断となるものの、修正に応じなければ検定は通らず、教科書も発行できません。
 教科書から旧日本軍による強制命令という記述が消されようとしているこの状況に、実相を歪めてしまうと危機感を訴える声もあがっていて、今後の論争が注目されます。

 検定、全般については朝日の報道に詳しいので、Continue reading でどうぞ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

沖縄戦集団自決「強制」記述に修正意見 教科書検定(朝日新聞)  文部科学省が30日公表した06年度の教科書検定で、地理歴史・公民では、沖縄戦の集団自決をめぐって、「日本軍に強いられた」という内容に対し修正を求める意見が初めてついたことが分かった。強制性を否定する資料や証言を根拠に、従来の判断基準を変えたためだ。イラク戦争や靖国参拝など外交や政治にかかわる問題では、政府見解に沿う記述を求めるこの数年の傾向が今回も続いた。  今回の対象は、高校中学年(主に2、3年で使用)の教科書。224点が申請され、検定意見を受けて各出版社が修正したうえで222点が合格。不合格の2点は、いずれも生物2だった。  地歴公民のうち日本史では、沖縄戦の集団自決に関して「日本軍に強いられた」という趣旨を書いた7点すべてが「命令したかどうかは明らかと言えない」と指摘され、各社は「集団自決に追い込まれた」などと修正した。日本史の教科書は昨年も申請できたが、その際にはこうした意見はつかなかった。  文科省は、判断基準を変えた理由を(1)「軍の命令があった」とする資料と否定する資料の双方がある(2)慶良間諸島で自決を命じたと言われてきた元軍人やその遺族が05年、名誉棄損を訴えて訴訟を起こしている(3)近年の研究は、命令の有無より住民の精神状況が重視されている――などの状況からと説明する。昨年合格した出版社には、判断が変わった旨は知らせるが、すぐに修正を求めることはしない方針だ。  地歴公民では、他にも時事問題で政府見解に沿った意見が付いた。その結果、イラク戦争では、「米英軍のイラク侵攻」が「イラク攻撃」に、自衛隊が派遣された時期は「戦時中」から「主要な戦闘終結後も武力衝突がつづく」に変わった。首相の靖国参拝をめぐる裁判では、「合憲とする判決はない」という記述に「私的参拝と区別する必要がある」と意見がつき、「公式参拝を合憲とする判決はない」となった。  南京大虐殺では今回も、「犠牲者数について、諸説を十分に配慮していない」との意見が日本史5点についた。一方、政治・外交問題となり、中学の教科書からはなくなった「従軍慰安婦」(「慰安婦」「慰安施設」を含む)の問題は16点で取りあげられたが、意見は一つもつかなかった。

|

« 戦争の記憶を歩く 東南アジアのいま(追加) | トップページ | 全国学力テスト、参加しません。 »

コメント

初めまして。TBはさせてもらったことがあります。KATEKさんのブログから当ブログを知りました。私の子供の年齢と似通っていて、学童保育もお世話になりました。なにせ大阪市内なので・・身近に感じました。

ところで、この教科書検定には私も疑問を感じます。政府にとって批判的な事柄には即対応する。といったような態度を感じます。
このところ、とてもこういうことが多いと思い、嫌な感じです。

私のブログのお気に入りに、リンク入れさせていただいて、いいでしょうか?

投稿: pianocraft | 2007/04/01 21:51

 こちらこそ、よろしくお願いします。ぜひリンクお願いします。
 大阪ですか! あの通天閣の臭いが、いちばんいいです。そのせいか東京でも、上野あたりがいちばん落ち着きます。

 さて、教科書検定の様相は、もう異様です。ほとんど論争になっているといも言えないことがらまで。教育への圧力を意識して、文部科学省が、先手を打って実をとろうとしているとしか思えません。ほんとうに腹が立ちます。

投稿: YOU→pianocraft | 2007/04/02 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14462847

この記事へのトラックバック一覧です: 「軍が強制」に検定意見:

« 戦争の記憶を歩く 東南アジアのいま(追加) | トップページ | 全国学力テスト、参加しません。 »