« 日本での戦争記憶の語られ方 | トップページ | NHKスペシャル ラストメッセージ この子らを世の光に »

2007/03/19

日本の親はここまで「がんばる」…

 ほんとうに日本の親はここまでがんばっているのかである。
 時事通信配信の記事

下宿学生の親、3人に1人が借金=首都圏私大新入生の家計調査(時事通信)  昨年春に首都圏の私立大に入学し、自宅外通学している学生の親の3人に1人が、入学のための諸費用を借金で工面したことが19日、教職員組合でつくる「東京地区私立大学教職員組合連合」の調査で分かった。借入額も1985年度の調査開始以来、最高の207万円となった。  また、仕送りから家賃を差し引いた生活費(6月分の平均)は3万9100円で、1日平均1303円。11年連続で減少し、過去最低を更新した。  私大教連は「家計の苦しい状況は依然続いており保護者、学生とも負担が増している」としている。 

 調査の本文は
 http://www.tfpu.or.jp/06kakeihutan070319.pdf

 かく言うわが家も、同じ状況ではあるのだが。
 北欧では、授業料は無料。生活費も、卒業後、収入に応じて返還する形となっている。いわば親の負担はほとんど存在しない。ここまで、献身的に、がんばるのは、東アジア的と言えばいいのか。
 あるヨーロッパの研究者が、日本では子どもへの愛情を教育費で現すと言ったそうだ。強烈な皮肉である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日本での戦争記憶の語られ方 | トップページ | NHKスペシャル ラストメッセージ この子らを世の光に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14319176

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の親はここまで「がんばる」…:

« 日本での戦争記憶の語られ方 | トップページ | NHKスペシャル ラストメッセージ この子らを世の光に »