« ハゲタカ | トップページ | 大学でいまおこっていること »

2007/03/24

自衛隊の新しい広報活動

 扶桑社から『MamoR(マモル)』という新しい雑誌が出されている。これは「日本の防衛を担って活躍している防衛省・自衛隊の日頃の活動・情報を広く国民に発信し、その報道活動を通して、日本の防衛に対する問題を読者に提議していく雑誌。毎月、日本の防衛に関する旬な特集や、自衛隊の基礎知識、日本各地に展開する部隊の活動紹介、装備品の紹介など、わかりやすい記事と、迫力満点の写真で、日本の防衛の最前線の情報が楽しく読める、防衛省公認のオフィシャル・マガジン。」――つまり、自衛隊の新しい広報誌とも言っていい。アイドルに自衛隊員の格好をさせて、ビジュアル系の雑誌に仕上がっている。兵器などに関心のある、美少女アニメマニアなども意識しているのだろうか。
 自衛隊が、イラクにいくようになってから、それまで広報をになっていた人からも、いろんな意見が出されているようだ。そこで、産経新聞グループの力をかりて、広報活動をバージョンアップしようというのだろうか。

 これまでの特集は、
 創刊準備号 国際テロを根絶せよ! 「テロとの闘い」
 創刊号 弾道ミサイルから日本をどう守る?
 4月号 ガンダムも夢じゃない? 奮闘する技術研究本部を徹底解剖!
 5月号 自衛隊 「真実のイラク・レポート」

 本音のすべてが語られているわけではないが、自衛隊の主張はよくわかる。こうしたものを材料にして、このブログでも、自衛隊について、あらためて批判してみたい。日米同盟のもと、海外で戦争する部隊へと急速に変貌する自衛隊。そのことを抜きに、日本の平和は語れないのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ハゲタカ | トップページ | 大学でいまおこっていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14376425

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の新しい広報活動:

« ハゲタカ | トップページ | 大学でいまおこっていること »