« 米下院の日本軍「慰安婦」決議案 | トップページ | なぜ急ぐ、中教審 »

2007/02/26

伊吹文科相の本音

 教育基本法「改正」をリードした、伊吹文科相。彼の本音とも言える発言でしょうか?

「日本は同質的な国」「人権メタボ」と文科相発言(朝日新聞)
 伊吹文部科学相は25日、長崎県長与町で開かれた自民党長与支部大会で、「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」と発言した。「教育再生の現状と展望」と題して約600人を前に講演し、昨年12月に改正された教育基本法に触れて「悠久の歴史の中で、日本は日本人がずっと治めてきた」とも語った。
 同法の前文に「公共の精神を尊び」という文言が加わったことについては、「日本がこれまで個人の立場を重視しすぎたため」と説明。人権をバターに例えて「栄養がある大切な食べ物だが、食べ過ぎれば日本社会は『人権メタボリック症候群』になる」と述べた。
 86年には、当時の中曽根首相が「日本は単一民族」と発言し、アイヌ民族から抗議を受けた。

 いよいよ、「改正」教育基本法の具体化と言える、学校教育法などの「改正」審議がはじまろうとしています。さて、こんなことを考えている人に、その資格があるのかが問われていますよね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 米下院の日本軍「慰安婦」決議案 | トップページ | なぜ急ぐ、中教審 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/14062250

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹文科相の本音:

« 米下院の日本軍「慰安婦」決議案 | トップページ | なぜ急ぐ、中教審 »