« 「貧困の罠」 | トップページ | 嘉手納 基地被害の実態鮮明 »

2007/02/20

デモクラシー検定

027306880000 もう1カ月前に読んだ本なんで、少し内容を忘れたんですけど、感想はこんな感じかな。

 著者は、デモクラシーとは安心した「人間交際」でききることと定義します。そのうえで、著者は、「多数決で決めるのが民主主義?」「主権は国民にある?」「議員は国民の代表?」「公共の利益は個人の利害より大切?」「憲法は最高法規?」と問いかけます。しかし、著者は、決まり切った正解を求めているのではありません。こうした問いをとおして読者とともにデモクラシーを考えようという趣向です。
 新自由主義的な「構造改革」や監視社会、米軍基地の存在などをとおして、この日本の社会をデモクラシーという点で検定すれば合格しているのかと問いかけます。そうした日本に住む私たちが、安心した「人間交際」を送っていくための知恵とスキルを考えさせてくれる一冊です。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「貧困の罠」 | トップページ | 嘉手納 基地被害の実態鮮明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13990675

この記事へのトラックバック一覧です: デモクラシー検定:

» 「デモクラシー検定 民主主義ってなんだっけ?」(石埼学)の紹介 [ 業務日誌]
 昨年12月に新宿の紀伊国屋で目にして買って読んだ本の紹介です。  石埼学さんの「デモクラシー検定 民主主義ってなんだっけ?」(大月書店)  石埼学さんは私と同じ年生まれです(つまり世間の目からすれば、もはや青年ではなく、おじさんになってしまった世代)。で..... [続きを読む]

受信: 2007/05/23 19:55

« 「貧困の罠」 | トップページ | 嘉手納 基地被害の実態鮮明 »