« 「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁 | トップページ | ニッポンの教師と学校 »

2007/01/30

「聖断」虚構と昭和天皇

027364690000 軍事史が専門の纐纈厚さんの新著。 首相の靖国参拝を契機に、マスメディアでも戦争責任についての議論が活発です。しかし、そこで十分に語られないのが、天皇の戦争責任の問題です。「昭和天皇は『平和主義者』」という虚像は国民の間に深く根をはり、国民の戦争責任意識を深化を妨げる要因になっています。
 実際の天皇は、悪化する一方の戦局のもと、国民の犠牲をかえりみず、東條首相を押し立て「もう一度成果を挙げてから」と戦争継続に固執しました。こうしたなかで「終戦」に向けて、始まった東條内閣打倒工作。本書は、軍部と宮中・重臣グループの息詰まる暗闘のなかで、「聖断」虚構が準備されていったことを克明に描きます。戦後もひきつがれた「聖断神話」の虚妄をあますところなく明らかにしています。
 ミステリーを読んでいるようで、あっという間に読むことができます。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁 | トップページ | ニッポンの教師と学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13723084

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖断」虚構と昭和天皇:

« 「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁 | トップページ | ニッポンの教師と学校 »