« 新・学歴社会がはじまる | トップページ | 成長戦略が国民生活の改善につながることのウソはすぐばれる »

2006/12/19

八代さん――格差是正のため、正社員の待遇を非正規社員の水準に

 こんばんは。仕事のピークです。そんなわけで、今日は、簡単なエントリーということで。
 今日のブログで、あちこちで話題になっているのが、昨日、毎日のWEBで報道された、八代さんのこの発言でしょう。

労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す
 経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。……

 最近、八代さん、いけいけどんどんですね。基本的に、氏の主張は、『雇用改革の時代』からかわっていないといっていいんでしょうけど。
 民間の職業紹介事業の原則禁止、派遣社員の働き方の制約など日本の労働市場には様々な規制がある。しかし時間労働と賃金支払いが一体の時代に有効であったこれらの規制は、裁量労働制の拡大、パートタイマーや派遣社員の増加、それに伴う正規社員との摩擦など、激変する情勢に対応しきれなくなっている。
規制緩和は、今や企業側の都合だけでなく、多様な働き方を求める労働側からの要請でもある。雇用流動化時代の労働行政を問う。

 規制があってこそ、自律も、個人の多様性の尊重もありうるのです。八代さんの考え方は、根本的に批判されなければならないでしょう。これも、折り入って、ゆっくり。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 新・学歴社会がはじまる | トップページ | 成長戦略が国民生活の改善につながることのウソはすぐばれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13130572

この記事へのトラックバック一覧です: 八代さん――格差是正のため、正社員の待遇を非正規社員の水準に:

» 賃金:上げてあわせるか、下げてあわせるか [飯大蔵の言いたい事]
 「同一労働・同一賃金」は当然の事である。それを達成するのに方法が二つある。上げてあわせるか、下げてあわせるかである。普通の議論は上げてあわせると思っていた。しかし逆の主張も有るとは思っていたが。 労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す  経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。... [続きを読む]

受信: 2006/12/20 17:58

« 新・学歴社会がはじまる | トップページ | 成長戦略が国民生活の改善につながることのウソはすぐばれる »