« アメリカのいまを知る2冊の本 | トップページ | 障害者自立支援法の見直しを »

2006/12/03

もう医者にかかれない

061203_a NHKスペシャルで、「もう医者にかかれない ~ゆきづまる国民健康保険~」という番組をやっていました。

  「保険料が高くて払えない」「保険証をとりあげられたため病院に行けない」。日頃、お年寄りの悩みや不安を聞くことの多いNHK生活食料番組(「難問解決!ご近所の底力」「生活ほっとモーニング」などを担当)には、こんな切実な声が今年になって多数寄せられている。実は今年、全国で国民健康保険料が大幅にアップし、高齢者を中心に混乱が広がっているのだ。原因は税制改革による所得税・住民税の増大。国は、さらに、国保財政立て直しのために、保険料の滞納世帯を厳しく見直し、収納率を上げる様々な手立てを講じている。その結果、保険料が払えず保険証を返還させられる人も相次ぎ、病気になっても医者にかかれない人も増えている。…

 番組を見ていて、とくになるほどと思ったのは、高齢者の貧困化の実態とそれがいっそうの格差を拡大する構造。政府は、格差の拡大は、高齢化による見せかけといい、橘木さんが、それにたいしれ、高齢者のあいだでの格差の拡大を正面から見ないのかと問いかけた。高齢者の貧困と格差の拡大は、放置できない事態になっているが、日本の社会保障の制度そのものは、その実態にまったくあっていないのだ。このことは、もっと知りたいと、強く思った番組だった。

*ちょっと追加の感想。国保はすでき破綻しているというのが番組の認識。たしかに、セフティネットとしての認識をもたない国の責任の放棄など、その本質的な欠陥は明らかだ。そこで、国が考えようとしている1つの方向が、パートの問題。ここでパート法改正なるものの議論が出てくる。最終的な落としどころは、まだわからないが、財界の内部には大きな反対もあろう。つまり為政者たち、支配層のなかで抱えている本質的な矛盾といえそうな問題だとも思った。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« アメリカのいまを知る2冊の本 | トップページ | 障害者自立支援法の見直しを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12922984

この記事へのトラックバック一覧です: もう医者にかかれない:

» 高齢化が進む上で不安な制度は? [ひなブログ]
高齢化が進む上で不安な制度は? [続きを読む]

受信: 2006/12/16 13:09

» 暮し生活の【国民健康保険】 [暮し生活の健康情報【暮し生活応援中】]
ども〜^^【暮し生活の健康情報】モフモフです!いつもご訪問ありがとうございます!今回は【国民健康保険】のちょっとした裏技をご紹介しております。ご活用くださいね☆保険の未納保険料をチャラにする方法”でっす!①一旦該当する人物を他の市町村に転出させます。②再度、元の住所に...... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 21:44

« アメリカのいまを知る2冊の本 | トップページ | 障害者自立支援法の見直しを »