« 国連障害者の権利条約採択へ | トップページ | 労働ダンピング »

2006/12/12

都教委“必修逃れ”容認

 読売新聞からです。全国で、先頭切って学習指導要領をたてに、日の丸・君が代の処分をする都教委が、おかしいと思いませんか?

都教委“必修逃れ”容認、「理科総合」で補習求めず(読売新聞)  高校の必修逃れ問題を巡り、東京都教育委員会が、一部の都立高で必修科目の「理科総合」について、教科書を使用していなかったり、ごく短時間しか授業をしていなかったりした実態を把握しながら、「学習指導要領で求められる内容になっている」と結論付けていたことがわかった。  都教委は「指導要領を拡大解釈し過ぎている学校が10校前後あった」としながらもこれを容認、補習は求めない方針だ。  文部科学省では、理科総合の時間に別の科目の教科書で1年間授業した場合は未履修としている。同科目の未履修を補習対象としている道府県もあり、都教委の対応は議論を呼びそうだ。…

 履修問題とはいったいどういう問題なのでしょうか。結局、そこにあらわれているのは、本来、細かな法的拘束力を求めることができない、学習指導要領に対しての、極端な2重基準です。日の丸・君が代などについては、こまかく言いながら、受験にかかわる教科学習には甘い。その根底には、学習指導要領そのものの内容的なあいまいさも透けて見えます。
 そして、受験競争というものの大義のために、どんな高校教育をするのかということが、ないがしろになっているという歪みもそこからは見ることはできます。あらためて、教育のあり方、そしてそれに教育行政がどう関わるかが問われている問題です。こうした問題を直視しないで、教育基本法「改正」の根拠はまったく存在しません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 国連障害者の権利条約採択へ | トップページ | 労働ダンピング »

コメント

やっぱり、この問題は教師を黙っておかみのいうことをきかせるためにもちだした問題なのでしょう。最初に報道した富山県の人たちが、そういう認識をもっていたのかはわかりませんが、その後の広がりは、そうとしか思えません。

投稿: 岩渕剛 | 2006/12/13 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13048129

この記事へのトラックバック一覧です: 都教委“必修逃れ”容認:

« 国連障害者の権利条約採択へ | トップページ | 労働ダンピング »