« 米軍ヘリ、車落とす | トップページ | 若者の就労と…(パソコンは動かない) »

2006/12/15

教育基本法改悪が強行された日

 教育基本法の改悪が強行されました。本当に、強い憤りを感じます。同時に、何か、割り切れないと言うか、消化不良というか、そんな思いがいっぱいです。なぜ教育基本法を変えなければならないのかという、私たちの疑問の根本には何もこたえず、しかし、やり方はきわめて、非民主的で、非公開で。国会での審議は、あまりにも政府・与党に道理のないことが明らかになったと思います。

 私は教育の専門家ではないけれど、もっとも親しんだ教育基本法が葬られた日、強く思うのは、もともと、教育基本法が規定していた、国民の教育にかかわる権利や自由は、憲法が求めるものであることは、最高裁学テ判決を持ち出す間もなく明白です。政府・与党が、「改正」教育基本法で行おうとする教育は、この憲法との矛盾を大きくするということです。私たちの教育要求が憲法にもとづくものであるかぎり、政府・与党の「改正」基本法下の「教育改革」は矛盾を拡大せざるをえないということなのです。これから、そのかれらのねらいを具体化する法律の制定がはじまることになります。これから憲法をかかげてのたたかいがはじまるのだと思います。

 各団体の抗議の声明を、紹介しておきます。
 政府・与党による教育基本法改悪法案強行採決の

歴史的暴挙に満身の怒りをこめて抗議する!――改悪教育基本法の具体化をゆるさず、すべての教職員、父母・国民との共同、団結で教育を国民的につくりあげるたたかいに全力をあげよう――
2006年12月15日 全日本教職員組合中央執行委員会

抗議声明
教育基本法「改正」法の成立にあたり、政府・与党に対して厳しく抗議するとともに、皆さんに、日本国憲法、そして、準憲法たる真の「教育基本法」(昭和22年法律第25号)にもとづいて教育を推進することを訴える
2006年12月15日 午後5時50分 教育基本法「改正」情報センター

声明 「国民の声を無視し、数の暴力によって教育基本法「改正」法案を強行 成立させた愚行に強く抗議する」「kougi.doc」をダウンロード
2006年12月15日
全国大学高専教職員組合
日本私立大学教職員組合連合
全国公立大学教職員組合連合会
東京地区私立大学教職員組合連合
全国大学高専教職員組合関東甲信越地区協議会
東京地区大学教職員組合協議会
国立大学法人法反対首都圏ネットワーク

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 米軍ヘリ、車落とす | トップページ | 若者の就労と…(パソコンは動かない) »

コメント

これからだと思います。大切な たたかいは これからです。日本国憲法があるかぎり 「教育」は守られるんだと思います。がんばらなくてはね。

投稿: yasu | 2006/12/16 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13082871

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改悪が強行された日:

» 教育基本法:これで公正な手続きといえるのか [私的スクラップ帳]
 15日の参院本会議で、安倍内閣が最重要法案と位置づける改正教育基本法が、野党の反対を押し切ったまま与党の賛成多数で可決、成立した。こうした重要法案が、野党の賛成を得ないまま「数の論理」で与党単独で成立させてしまうのは問題である。しかしそれ以前に、そもそもこの法案が成立するまでのプロセス自体が、とても公正と言えるようなものではなかった。今回成立した新しい教育基本法は「民意とは無関係に、姑息な手段によって成立した恥ずべき法律」として後世に記憶されるのではないだろうか。  教育基本法が可決される2日前の... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 20:37

» 教育基本法:これで公正な手続きといえるのか [私的スクラップ帳]
 15日の参院本会議で、安倍内閣が最重要法案と位置づける改正教育基本法が、野党の反対を押し切ったまま与党の賛成多数で可決、成立した。こうした重要法案が、野党の賛成を得ないまま「数の論理」で与党単独で成立させてしまうのは問題である。しかしそれ以前に、そもそもこの法案が成立するまでのプロセス自体が、とても公正と言えるようなものではなかった。今回成立した新しい教育基本法は「民意とは無関係に、姑息な手段によって成立した恥ずべき法律」として後世に記憶されるのではないだろうか。  教育基本法が可決される2日前の... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 22:12

« 米軍ヘリ、車落とす | トップページ | 若者の就労と…(パソコンは動かない) »