« 予算の財務省原案に怒り | トップページ | 経済財政諮問会議に労働市場改革専門調査会がつくられたけど »

2006/12/22

教育再生会議の迷走?

 教育再生会議のHPを見てみると、昨日、開催された会議で提出された、「第1次報告(骨子案) 社会総がかりで教育再生を」がすでにアップされています。この間、会議の資料が、1カ月おくれで掲載されていたことを考えると、少し驚く変化です。新聞などで、報道されていますが、委員のなかから、会議の公開をとという意見を反映したのだと思います。議事要旨や、議事録がどんなテンポで公開されるのかということも注目されます。
 昨日の教育再生会議の報道を見ると、面白いことがわかります。会議開催の前に、時事通信が配信した記事は、次のようなものです。

教員免許更新制の導入提言=学力向上へ授業時間増を-中間報告原案・教育再生会議 (時事通信社)
 政府の教育再生会議(野依良治座長)が来年1月にまとめる中間報告の原案が20日、明らかになった。「不適格教員は教壇に立たせない」と指導力を欠く教員を排除する方針を示すとともに、教員免許更新制度の導入を提言。学力低下に対応するため、小中学校における授業時間数を増加するよう求めている。原案は、安倍晋三首相も出席する21日の同会議を経て公表される見通し。 

 それが、会議後の読売新聞の報道は、
教育再生会議、素案に批判続出…運営委に差し戻し(読売新聞)
 政府の「教育再生会議」(野依良治座長)は21日午前、安倍首相が出席して首相官邸で総会を開き、1月にまとめる第1次報告の素案を審議した。
 素案は、<1>学力向上<2>いじめ対策<3>教員の質の向上<4>学校、教育委員会改革――などが柱だ。委員からは「具体性に欠ける」「メッセージ性がない」などの批判が続出したため、主要メンバーで構成する運営委員会で素案を練り直すことを決めた。
 素案は、いじめ対策で、反社会的行動を繰り返す子供への出席停止制度について、「サポート体制を取る」などとした。しかし、教員免許更新制については、導入の必要性を強調するにとどまるなど、踏み込んだ内容にならなかった。…

 早い話が、異論がたくさん出て、まとまらなかったということです。ただ、報道されている限りから見ると、ややッマイルドな、事務方の案が、有識者委員の権威主義的な教育観にもとづく意見につぶされたと言えなくもない感じがします。
 大事なことは、ほんとうの対立点はそこにあるのではないということだと思います。もともと、教育にかかわる論議は、多様な意見が存在します。だからこそ、現場の実態をふまえ、意見をよく聞いて、合意をめざすことが大事なのです。官邸の密室で、何もかも一方的に決めるという手法そのものが破綻しているということなのです。
 実際の提言の内容を見ても、現場も、そして教育研究者の研究にもそわない素人談義というほかないような思いつき的な内容です。学校や地域を基礎に、現場の意見を尊重した議論の積み上げこそがほんとうまもとめられているのに違いありません。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 予算の財務省原案に怒り | トップページ | 経済財政諮問会議に労働市場改革専門調査会がつくられたけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/13164936

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議の迷走?:

« 予算の財務省原案に怒り | トップページ | 経済財政諮問会議に労働市場改革専門調査会がつくられたけど »