« 下村発言のその後 | トップページ | 格差社会 »

2006/11/09

「自律的労働時間制度」導入でどうなる

 「自律的労働時間制度」という言葉が、メディアでも話題にあるようになっています。「ホワイトカラー・エグゼンプション」という経団連が一貫して要求してきた制度を実現するために、厚生労働省が来年の通常国会に法案を提出する方向で労働政策審議会に具体案を提示するというのです。
 いったい、労働の現場のどうなるのか。そんななか、今日の新聞には以下の記事が注目されます。

自律的労働時間制度:残業代「11兆円消失」――労働運動総研が試算(毎日新聞)
 「労働運動総合研究所」(代表理事・牧野富夫日大教授)は8日、厚生労働省が導入を検討している「自律的労働時間制度(日本版ホワイトカラー・イグゼンプション)」が導入されれば、約11兆6000億円の残業代が支払われなくなる可能性があるとする推計を発表した。
 同制度は、管理職手前の労働者を対象に、年収や休日確保などを条件に労働基準法の週40時間の労働時間規制を除外するもの。労働者の判断で労働時間を管理する制度で残業代は支払われない。厚労省は来年の通常国会に労基法改正案を提出する方向で検討している。

 朝日も、夕刊で報じていました。労働総研は、いわゆる全労連系のシンクタンク。やはり、この制度の大きな問題点は、メディアも注目せざるをえないのでしょう。偽装請負など非正規の不当な働かせ方の一方で、際限のない働きすぎ社会の形成。文字通り、ノンルールのルール化です。
 こんなことは絶対ゆるせません。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 下村発言のその後 | トップページ | 格差社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12625207

この記事へのトラックバック一覧です: 「自律的労働時間制度」導入でどうなる:

» ホワイトカラー・イグゼンプション [徒然なる司馬に@「馬論」]
ホワイトカラー・イグゼンプション・・・日本版自律的労働時間制という意味らしい。 ▼同制度は、管理職手前の労働者を対象に年収や休日確保などを条件に、労働基準法の週40時間の労働時間規制を除外するもの。・・・ 今の私がそれに当てはまるではないか!30代ながら私は立派なヒラ社員ですよ。こんなわたしにこれ以上の何を求めるのですか?? タダでさえ休日が取れない職場ですよ。休日確保を条件になんて私にとっては絵空事に過ぎませんね!! 馬鹿にすんじゃねぇよ!! 労働時間の規制の除外というのは24時..... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 23:45

» 全ては企業のために? [非国民通信]
残業代なし1千万人に 労働時間規制見直し試算 厚生労働省の審議会で議論されているホワイトカラー・エグゼンプション制度が導入され、年収400万円以上の会社員が労働時間規制の対象から外されると、約1000万人の会社員が1人年間114万円の残業代を受け取れなくなる、とする試算を民間シンクタンク、労働運動総合研究所(労働総研)がまとめた。 厚生労働省がホワイトカラー・エグザンプションなる制度を導入しようと企てています。これは一言で言ってしま�... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 23:58

« 下村発言のその後 | トップページ | 格差社会 »