« 希望を紡ぐ | トップページ | これで議論がつくされたというのか »

2006/11/15

怒! です

 教育基本法改悪案が、衆院の特別委員会で、与党により単独採決が強行された。
 怒り!

 情報センターの緊急声明は次のように言う

 教育基本法「改正」法案の与党単独採決に断固抗議する

 本日午前に開催された中央公聴会では、与党推薦の公述人も含めて国会での議論が不十分であり、今後慎重な議論が必要であるとの意見が相次いで出されていた。今国会での教育基本法「改正」法案の審議では、いじめ問題、高校未履修問題、タウンミーティングやらせ質問問題が浮上し、法案審議をめぐる最も基本的な問題は、“現行教基法を改正して、国民の「信を失った」(『毎日新聞』11月12日付社説)文科省に、無限定の権限を与えるべきなのか”、それとも、“文科省とそれによる教育行政そのものを現行教基法に基づいて刷新すべきなのか” という点にあることがはっきりし、具体的な事実に基づく本格的な審議が始まったばかりである。

 そして、昨日の委員会では、タウンミーティングの発言者に「謝礼」が支払われていたという驚くべき事実が明らかにされたが、「やらせ質問」を含め、真相は解明されていない。「民意」を買収で得るということは国民主権を愚弄する行為であり許されない事柄である。このような法案提出者の資格、規範意識が問われる重要問題に関する解明が行われないまま採択を行ったことは国会の法案審議権の権威を地に堕とすものである。

 いうまでもなく、教育基本法は教育の憲法であり、教育の最高規範を示すものである。このような重要な法律である教育基本法を改正する場合は、憲法改正に準ずるぐらいの国民的議論、国会での慎重な議論が必要である。本来であれば、全会一致の賛成で改正すべきものである。今回の単独採決は到底認められない。

 われわれは、国会に対し、衆議院本会議における法案採決の手続をとることはせず、本日の不正常な採決を取り消し、法案を特別委員会に差し戻し、審議を一からやり直すことを求めるものである。


Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 希望を紡ぐ | トップページ | これで議論がつくされたというのか »

コメント

まさに、「怒!」です。しかし、ここまで与党は余裕がないのかとも思います。彼らなりに追いつめられた証拠でもあるんでしょう。沖縄のたたかいは希望をもって見守るしかできませんが、「怒!」の声で列島騒然へ。草の根が出番ですね。

投稿: | 2006/11/16 00:00

 参院でのたたかいにむけ、草の根のたたかいは重要ですよね。彼らの弱点についても同感です。同時に、国会ので数の暴挙を見たとき、やはり、われわれは、国会で数をとらなければということも、つくずく痛感しました。来年はがんばらなければなりませんね。

投稿: YOU→洋 | 2006/11/16 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12702719

この記事へのトラックバック一覧です: 怒! です:

» 教育基本法「改悪」が競争教育を促進することは事実(ブサヨてぃっくにコケにされるいわれはない。) [Weblog of ЗЧБ(三四郎日記)]
宮本たけし氏が「ますます深刻化する『いじめ自殺』の問題について、何一つまともな手も打たないまま、与党は16日にも『いじめ』の温床ともなる競争教育をいっそうひどくする教育基本法改悪案の強行をたくらんでいます。いま私たち大人に大切なことは子どもたちの命までも犠牲にした社会にたいする警告の叫びに真摯に耳を傾けることです。絶対に教育基本法改悪案の強行採決などやるべきではありません。」とブログで語っているが、... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 00:53

» いじめといじめ促進法(教育基本法改定案) [平和への結集ブログ]
■1■ いじめと自殺の「内戦」社会 いじめと、いじめなどが原因の自殺が後を絶ちません。近年の自殺者数は年間3万人台で、2005年度の日本の自殺率(一定人口に占める自殺者数)は、経済協力開発機構(OECD)加盟国中、第3位でした。1位は韓国です。同じく2005年度に全国...... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 18:54

« 希望を紡ぐ | トップページ | これで議論がつくされたというのか »