« 教育基本法は重大局面に | トップページ | すごーく疲れた »

2006/11/02

宮崎あおいさんの主張

483871672901_aa240_sclzzzzzzz_v64770477_ 宮崎あおいさんっていますよね。そう純情キラリです。見てましたよ、たまに。きらいじゃありません。けっこう魅力的な俳優さんです。その宮崎あおいさんが、『ダ・ヴィンチ』という雑誌で、『この国が好き』という本を推薦した文章をよせています。この本は、「ぼくは戦争をしないと誓ったこの国が大好きです」という絵本です。
 宮崎さんはいいます。「いま、憲法を改正する議論が起こっているけど、私は戦争をしたくないから、この憲法を変えることに反対」と。――以上は、「しんぶん赤旗」日曜版からの仕入れたネタですが。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教育基本法は重大局面に | トップページ | すごーく疲れた »

コメント

渡しも同じ記事を見てビックリしました。こういう発言ができるって、すごいですよね。

下の記事の「やらせ」問題。わりと身近に知っているネタだったんですが。それにしても、教基法は、審議をやればやるほど、”ぼろ”が出てきますよね。通知表にしても、いじめ問題にしても、やらせにしても・・・ふさわしく、取り組みがやりたいと思います。

投稿: | 2006/11/03 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12530794

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎あおいさんの主張:

» タレントも語りはじめた、憲法九条 [帆をたて海に出よう]
今日は日本国憲法が公布されて60年の日。日本国憲法の基本的な立場――国の主権が国民にあることを明記したこと、「戦力の不保持」まで徹底した平和主義、「個人の尊重」を軸にした権利保障、などなど――は、21世紀に入り、ますます威力を発揮していると思います。安倍首相..... [続きを読む]

受信: 2006/11/03 14:14

« 教育基本法は重大局面に | トップページ | すごーく疲れた »