« 教育基本法はいよいよ山場 | トップページ | 希望を紡ぐ »

2006/11/13

チャップリン6分間の演説

Chaplin_s チャップリンの映画を映画館で見たのは、2本か、3本でしょうか。最初に見たのは、「モダンタイムズ」です。2本目は「独裁者」。独裁者は学校で見に行った記憶です。あと、「ライムライト」だったでしょうか。いずれも、中学のころです。その後、ビデオやDVDで、いろいろ見ましたが。あと、アッテンボローの「チャーリー」という伝記的な映画も印象に残っています。
 今日、テレビで「チャップリン 世紀を超える」という、番組をやっていました。チャップリンの映画づくりの裏側という感じの内容ですが、「独裁者」についてのところが、面白かったです。実は、あの6分間の演説のシーンは、チャップリンが時間をかけて構想した台本にはなかったというのです。ヒトラーにどう対抗するか。チャップリンが、自分の言葉で演説のシーンをつくるまでが描かれていました。演説を聞きながら、独裁の姿はちがっても、平和をふみにじり戦争、人間の尊厳をふみにじる差別など、問題がいまでも問い続けられていると感じざるをえなかったのも事実です。
 政治家は、どうこれを受けとめるのでしょうか。そんなことも聞いてみたい気がします。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 教育基本法はいよいよ山場 | トップページ | 希望を紡ぐ »

コメント

私もこの番組を、途中からですが観ました。(録画は初めから全部。)
 チャップリンの映画で私がいちばん好きなのは、「独裁者」です。この映画を、ヒットラーの行動に対して、リアルタイムでつくっていたというのは、並大抵のことではないと思います。最後の演説の場面をダンスにしないでよかったと感じました。カメラ目線でのチャップリンの演説、観るたびに涙が出ます。
 いい番組でした。担当された方たちに、「ありがとう!」

投稿: さくらおばさん | 2006/11/14 20:16

チャップリンの映画はいいですよね。昔は、高校あたりの英語の授業では、独裁者の演説を使う先生もいたようですが、いまではどうでしょうか。子どもにも読ませたいですね。うちの子どもの英語の力では無理?

投稿: YOU→さくらおばさん | 2006/11/15 00:07

番組、みました。面白かったですね〜 ちょっと不満な部分もあったけど、没フィルムからチャップリンが撮りたかったものをみるという推論は圧巻でした(番組に出ていた大野さんの本は、その点で大変おもしろい一冊でした)。
チャップリンの精神は、”寛容”にあるのかなとも思いました。みずから異質なキャラを演じ、その異質故に味わう偏見を笑い飛ばす一方で、その異質を許容する人々を普遍的なものとして愛情をもって描く。そんな感じで考えました。
また、チャップリンが、大変するどい洞察力・観察力をもっていたことも、すごく印象深かったです。

独裁者の演説・・・英文を挑戦しましたが読めません^^; でたらめドイツ語と最後の演説の比較から言っても、初のトーキーだったことを考えても、言葉の重さを知っていた人だと再認識・・・

すいません・・・チャップリンについては語りだすと止まりません(笑)

投稿: | 2006/11/15 01:45

 大野さんのほんは、私もぜひ読んでみたいと思いました。

投稿: YOU→洋 | 2006/11/16 23:29

はじめまして、こんばんは!
「チャップリン」で検索して来ました。

社会風刺も鋭くメッセージ性の高い彼の素晴らしい作品の数々は、喜劇というジャンルではとてもくくることが出来ませんね。
まさに天才です!
私も今回、「街の灯」を記事にしました、よかったら一度いらして下さいませ~ではまた!

投稿: ルーシー | 2007/01/06 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12676410

この記事へのトラックバック一覧です: チャップリン6分間の演説:

» プレミアム10 「喜劇王チャプリン・世紀を超える」 [Kashiroman's BLOG "ブログの王子様"]
NHKでチャップリンの番組を視聴しました。チャップリンの完ぺき主義には脱帽です。 [続きを読む]

受信: 2006/11/14 01:01

» Viva チャップリン [帆をたて海に出よう]
見ました。NHKの番組「チャップリン 世紀を超える」。少し不満も残りましたが、あらためてチャップリンの魅力に浸れた一時間半でした。 番組の最大の魅力は、チャップリンが残したNGフィルムを紹介しながら、チャップリンが伝えたかったであろうことを読み取る作業。チャッ..... [続きを読む]

受信: 2006/11/15 02:55

« 教育基本法はいよいよ山場 | トップページ | 希望を紡ぐ »