« 不安定を生きる若者たち | トップページ | みんな心配している »

2006/11/25

不当な支配とは何か

 24日の参院教育基本法特別委員会で伊吹文明文部科学相は、教育基本法改悪法案の最大の問題点と指摘されている国家による教育内容への介入について、「国であろうと、一部の政党を陥れようとか、一部の宗教的考えを持って教育行政を行えば、『不当な支配』になる」と述べ、国家も「不当な支配」を行う場合があることを認めた。これは注目に値する発言です。
 実は、その2日前、次のようなことがありました。

教育行政、「不当支配にあたらず」 国会審議で文科相(朝日新聞)
 伊吹文部科学相は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府の教育基本法改正案が、教育は「不当な支配」に服することはないと規定していることについて「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合を『不当な支配』と言っている」と語った。一方、法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」ことから、「不当な支配」にあたることはないとの考えを強調した。 …

 これは、従来からの為政者の一貫した主張でもありました。しかし、今回、伊吹文科相は答弁で、「教育行政機関が行う行政でも、右にいう『不当な支配』にあたる場合がありうる」とした1976年の旭川学力テスト事件最高裁判決を読み上げるまでしています。
 なぜ、ここまで、文科相は踏み込んだ発言をしたのか? そういうことも大いに関心があるところです。成立のための一つの布石といううがった見方もできるでしょう。いずれにしろ、新しい教育基本法のもとでの、先の理解が道理がないということを示しているのだと思います。学テ判決も、最近の東京地裁の判決も、この教育の自由という点で、最大の根拠にしているのが憲法だからです。憲法にもとづく大義と、そして国民のたたかいこそが大事だということも示しているとも思います。いよいよ重大な局面ですが、どうどうとたたかわなければなりません。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 不安定を生きる若者たち | トップページ | みんな心配している »

コメント

日本の教育基本法は韓国でも関心が高いです~
韓国の言論たちは
Abeさんの任期内には改訂は不可能だと思っている状態です
日本は総理の任期が長くなくて流動的だから
それは難しくないか??
こんな状態です
しかしAbeさんの立場ではそれが今は不可能だが
私がその道を作っておいたという考えも確かにあるとは記事にいました
Abeさんも私の考えには自分の任期内には不可能なの分かっていると私も思います~

投稿: LEE JI HOON | 2006/11/26 10:26

LEE JI HOONさん、久しぶりですね。私は相変わらず、仕事の日々です。☆のまほうさんからは仕事依存症って怒られました。
 さて、日本では、どうやら教育基本法は、この国会で改正されそうな重大な局面を迎えています。防衛庁を省に昇格させる法案も通過しそうで、文字通り、憲法のその堀を埋められるという事態です。歴史認識では曖昧でも、強力な国家をつくるという点では、きわだったイニシアティブを安倍さんは発揮していると言えるのかもしれません。
 まだ、まだたたかいは、これからですし、問題の具体化は今後もつづくたたかいです。しっかり未来をみすえてがんばりますよ。

投稿: YOU→LEE JI HOON | 2006/12/01 23:27

sale@mp3.com

投稿: Eagles | 2007/09/21 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12822479

この記事へのトラックバック一覧です: 不当な支配とは何か:

» 不当な支配とは何を意味するか [飯大蔵の言いたい事]
 参議院での教育基本法の審議が開始された。NHKは何を血迷ったのか大相撲を飛ばしてまで中継している。午後一番の審議を少し聞いたが、ムカムカして精神的に良くないのでチャンネルを変えた。そこでやっていたのが「不当な支配」だ。(衆議院の議事録は11月8日までしかないので当分きちんとした批判は出来そうに無い)... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 01:28

« 不安定を生きる若者たち | トップページ | みんな心配している »