« 神楽坂の風景 | トップページ | 秋葉原の風景 »

2006/10/26

高校履修問題

 全国の進学校で、学習指導要領で決められた教科の授業を大学受験を優先して、きちんと履修していなかったことが大きな問題になっています。「受験優先のゆがみ」ということは言うまでもありません。しかし、この問題は、おそらく、ずっと長い間、公然、非公然のいろいろなやり方で、おこなわれてきた問題だと思います。私学もふくめれば、なかなかややこしい問題だろうと予想がつきます。
 ここで、とわれざるをえないのは、学習指導要領で決められている、教育内容の中身であり、同時に、そういった学校での教育内容は、本来だれが決めるべきなのかという問題でしょう。こうした本質的な問題まで、ことは、発展せざるをえないのだと思います。(それが、反動的な対応になるのか、子どものとって大切な方向になるのは別として)
 そこでまたまた問題にならざるをえないのが、「日の丸」「君が代」の問題です。学校現場に、これが強制される根拠はいうまでもなく、学習指導要領にあります。これまで、「日の丸」「君が代」については、躍起になって強制して、徹底して調査して、処分者まで出しているのです。しかし、こと授業についてはこのありさまです。そういえば、今日はこの事件は東京都立の学校にまで広がりました。
 もう一度いいます。あらためて、学習指導要領は何のためにあって、学校の教育内容はだれが決めるべきなのか。そうした論議をするべきではないでしょうか。問題の発端となった社会科の必修科目なるものについて、誰が、これが大事だと説明できるでしょう。官房長官のように「ルールはルール」ですまされる問題ではないでしょうから。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 神楽坂の風景 | トップページ | 秋葉原の風景 »

コメント

この問題、いくつか考える点があるように思えます。
まず、このことを「知らせた」のは誰なのか。そうとう教育課程に詳しくないと、地歴の必修などわかりません。誰が、何を目的にしてリークしたのかは、疑ってかかる必要を感じます。
次に、大学入試のありかたへの議論がまったく発展していっていないこと。センター試験が、必修である世界史を必修にしていれば、少なくとも最低のレベルでも問題点のひとつはクリアできるはずなのに、そうした指摘がほとんどみられない。(あるのかもしれないけれど、みえてきません)
高校をねらいうちにして、管理を強化(国旗国歌ではできないことが東京地裁判決で出ましたから)をしようとするのではという意図もかんじられなくもないのです。

投稿: 岩渕剛 | 2006/10/28 01:55

 何となく、告発そのものは、競争相手からって感じはしているんですけど。むしろ、告発者の意図がどうあっても、おそろくこの問題は、議論すればするほど、さまざまな問題に、光をあてざるをえなくなるような気もします。いった、教育ってなんのためにあるのか。そこで、国などがするべきことはなども含めて。
 たぶん政策当局は、教育委員会などに責任をおしつけて、彼らの意図する教育改革の契機にしようとすると思いますが、そのことには、そんなに説得性はありません。私たちが、どう発言するかがものすごく大事になってくるんでしょうね。

投稿: YOU→岩渕剛 | 2006/10/29 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12442211

この記事へのトラックバック一覧です: 高校履修問題:

« 神楽坂の風景 | トップページ | 秋葉原の風景 »