« ほろびゆく東京? | トップページ | 6者協議再開へ »

2006/10/30

学校はどこに向かうのか

 国会では、教育基本法「改正」案の審議が再開しました。そのなかでも、「いじめ」が大きなテーマになっています。先日のいじめについてのエントリー以降には、岐阜でいじめ自殺と思われる事件が起きています。十分な対策を抜きにして、報道でこれだけ垂れ流されれば、自殺の伝染は容易に予想ができたはずです。くり返しになりますが、いくつかの事件では、いったい学校はどうしたんだろうかと思えてきます。どうも、為政者たちは問題を教師の規範意識、教師としての自覚というところにもっていきたいようですが、ことはそんな水準には思えないのです。そもそも、子どもの立場になって、問題を考えるというところで根本的なずれが、学校のある部分にあり、それがまわりを渦のように書き込んでいるという印象です。

 そして、先日、50代の教師が校長からのパワーハラスメントのため、自殺をし、公務災害の認定をもとめる訴えが、まただされました。

 『校長のパワハラで自殺』 50歳教諭遺族 公務災害申請へ(東京)
 千葉市立中学校の教諭土岐文昭さん=当時(50)=が九月に自殺したのは、校長(58)のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったとして、土岐さんの妻聖子さん(47)と長男紀文さん(23)が二十八日、地方公務員災害補償基金千葉県支部に公務災害の認定を求める考えを明らかにした。…

今日は、履修問題にからんで、校長の自殺です。
茨城県立高の校長が自殺 山林で、近くに遺書(共同)
 30日午後4時すぎ、茨城県大子町の山林で、県立佐竹高校(同県常陸太田市)の校長高久裕一郎さん(58)が首をつって自殺しているのを大子署員が発見した。近くに遺書のようなものがあり、同署などは原因を調べている。同校は必修科目の未履修が発覚していた。…

 私たちが、社会が子どもにどう向き合っていくべきかということとともに、ここまで、学校を疲弊させたものが何なのかを考えなければならないと思います。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ほろびゆく東京? | トップページ | 6者協議再開へ »

コメント

YOUさん日本はいじめがひどいんですか??
韓国は..
やっぱり人間が住む国だから.
いじめがあります.
うちの学校は男学校ですが
韓国の男高教生たちは
一緒に遊ぶ友達が皆あるから.
例えば
勉強はお上手ではない後に座る子たち
なんか中途半端な子供達
少し弱い子供達
このようなものたちがあって
弱い子たちは後に座る子供達とあまり関係がなくて
そして後に座る子供達は弱い子供達を殴ることは卑怯な行動
こんな不文律があっていじめみたいなのはあまりないです
中学生たちも私が中学生時も別に..
いじめよりはお互いに遊ぶのが違うから無視がもっと正確するかも知れないですね.
しかし
なぜなのか分からないが..
女の方は少しひどいかも知れないですね
それでも女の方も大部分男たちと似ていないか??思います
私は中途半端な方ですが
弱い子たちとも話して後にいる子たちとも本当に時たまは話す方ですね.
日本も大部分このようではないんですか??

投稿: LEE JI HOON | 2006/10/31 21:52

 あらためて、エントリーをしましたので、読んでくださいね。答えにはなってないかも。

投稿: YOU→LEE JI HOON | 2006/11/01 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12493276

この記事へのトラックバック一覧です: 学校はどこに向かうのか:

« ほろびゆく東京? | トップページ | 6者協議再開へ »