« 安倍首相の中韓訪問そして北朝鮮の核実験 | トップページ | 北朝鮮の核実験をめぐって »

2006/10/10

教育再生会議発足

政府、教育再生会議を設置 座長にノーベル賞・野依氏(産経新聞)  政府は10日の閣議で、安倍晋三首相が最重要課題として掲げる公教育の再生を目指す「教育再生会議」の設置を決め、ノーベル化学賞受賞者で理化学研究所の野依良治理事長ら17人の会議メンバーを発表した。会議は学力向上や教員の資質向上を優先して審議し、来年3月には中間報告をまとめる方針だ。…
 政府は、教育再生会議の発足を、今日閣議決定しました。なぜ教育改革ではなく、教育再生なのかというのは、例の世耕さんが、理念ではなく、実際の教育政策をかえるためといった趣旨のことを『論座』でのべています。 再生会議のメンバーは、
【教育再生会議メンバー】(敬称略)  浅利慶太(劇団四季代表)▽池田守男(資生堂相談役)▽海老名香葉子(エッセイスト)▽小野元之(日本学術振興会理事長)▽陰山英男(立命館小副校長)▽葛西敬之(JR東海会長)▽門川大作(京都市教委教育長)▽川勝平太(国際日本文化研究センター教授)▽小谷実可子(スポーツコメンテーター)▽小宮山宏(東大総長)▽品川裕香(教育ジャーナリスト)▽白石真澄(東洋大教授)▽張富士夫(トヨタ自動車会長)▽中嶋嶺雄(国際教養大学長)▽野依良治(理化学研究所理事長)▽義家弘介(横浜市教委教育委員)▽渡辺美樹(ワタミ社長) 【教育再生会議担当室】(敬称略)  事務局長 山谷えり子(首相補佐官)▽室長 義家弘介▽室長代理 土居征夫(企業活力研究所理事長)▽副室長 山中伸一(前文部科学省私学部長)
 しかし、やろうとしていることはすでに、中教審などでも議論されていることです。ではなぜ教育再生会議かですね。よくわかりません。まあ、言えることは、官邸主導にしたいということ、その内容は、思ったほど保守的な国家主義ではなく、新自由主義的な政策を国家の手ですすべるということでしょうか。『中公』の下村の文章もそんなにはねたものではない? たぶん官邸が、教育に手をつっこむというのがポイントなのかもしれません。3月には、報告が出て、すぐに、通常国会で、いくつかの法案が出てきそうですね。忙しいなあ。 Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 安倍首相の中韓訪問そして北朝鮮の核実験 | トップページ | 北朝鮮の核実験をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12232120

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議発足:

» 教育基本法改正後の追撃戦☆アンケート投票の誘い [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3 教育基本法改正はよほどのことが起こらない限りこの秋の臨時国会で実現するでしょう。油断はできませんが喜ばしいことです。しかし、法律が変わったからそれですぐに教育現場を巡る状況が改善されるわけではない。 日教組・全教という「教育を放棄した教師達」の残党、大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の下で惰眠を貪ってきた事なかれ主義の現場管理職や教育委員会、更には、(予算措置を除けば文部科学省には教育現場に対する指揮命令の具体的権限は..... [続きを読む]

受信: 2006/10/11 16:37

« 安倍首相の中韓訪問そして北朝鮮の核実験 | トップページ | 北朝鮮の核実験をめぐって »