« 亡国のイージスと防衛「省」昇格と | トップページ | 学校はどこに向かうのか »

2006/10/30

ほろびゆく東京?

 昔、もうよく覚えていないけど『ほろびゆく大和』って本があった。もう30年以上まえだと思うが。古都奈良が、開発と、文化財保護軽視のために、ほろびていくというような本だっただろうか。
 今日、職場の関連のちょっとした仕事で、東京のある都立公園に行って来た。スポーツ施設はじめ、いろいろな施設も併設されている巨大な公園だ。数年ぶりにたずねたのだけど、公園の雰囲気というか、何かちがう。少し仕事をしていると、いろいろなことが見えてくる。公園のなかのいたるところが、民間に委託されていて、それぞれ運営主体が違う。そこでは、儲けや効率が優先され、なるほど、使い勝手がよくなっている部分はあるのかもしれないが、細かいところが整備されていないのだ。全体の雰囲気が統一されていなくって、もう1つ落ち着いたところがない。いろいろ歩いていると、何となく、うらぶれた、くずれゆく町の公園とまで見えてくるのだ。

 考えてみれば東京という町全体が同じようになっているのかもしれない。そこで、住み、働き、学び、憩う人々のことを考えた、都市としての全体像がない。斬りきざんな部分だけが、効率化を競い合う。そして、福祉が切り捨てられ、働く人々は仕事に追われる。こんな町にオリンピックを呼ぼうというのだ。

 なんとなく東京はほろびゆく? そんな気がしてきて、公園のなかで胸がつまりような気持ちになった。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 亡国のイージスと防衛「省」昇格と | トップページ | 学校はどこに向かうのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12492514

この記事へのトラックバック一覧です: ほろびゆく東京?:

« 亡国のイージスと防衛「省」昇格と | トップページ | 学校はどこに向かうのか »