« 新任教員の自殺 | トップページ | 高校履修問題 »

2006/10/25

神楽坂の風景

 神楽坂周辺は、出版社や印刷工場がならぶ。私の職場は別のところにあるが、印刷工場に詰める際は、神楽坂が多い。さて、その神楽坂の風景が最近大きく変わっている。路地を入ると洒落た、居酒屋、レストランなどなどが増えている。というか乱立している。ほんの半年ぐらいの間に。思わず、バブルを思い出す。いえいえこれってミニバブルって思えてくる。
 日本の経済はどうなっているのだろうか。IT関連などは相変わらずの景気、鉄鋼なども中国景気が続く? でも全体はやはりお金は、投機に向かっているようだ。経済の発展がある時点にまでいけば、そして、後発国の生産性がある時点にまでくれば、企業が利潤を追求しようとする限り、お金は、放っておけば投機に向かう。そのことを日本の経済は示しているようにも思える。
 これが「構造改革」の姿。格差社会の表面に見えるもの。そんなことを感じながら、神楽坂を横切って、家路についた。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 新任教員の自殺 | トップページ | 高校履修問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12430096

この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂の風景:

« 新任教員の自殺 | トップページ | 高校履修問題 »