« ふたたび軍事的対応に傾斜しないこと | トップページ | どこまで企業本位を主張するのか »

2006/10/18

いじめ雑感

 いじめ自殺という、ほんとうに痛ましい事件が相次ぐ。
 そのなかで、教育委員会のあり方や学校のあり方に批判が相次ぐ。たしかに、事件で報道されている教員のありようについては、おそらく弁解の余地はないと思う。学校のどうしてしまったのかとも感じる。これらの事件だけではなく、いま日本の学校は、きわめて深刻な事態のなかにある。そう言えば、数年前の長崎の校内での殺人事件では、学校は休校という措置をとらなかった。私の住む近くの市でおこった教師の校内自殺の事件では、早朝発見されたにもかかわらず、その日の授業はすべておこなわれ、おまけに授業参観まで敢行されていた。学校は、命というものにたいして、言いようがないほど鈍感になっている。

 しかし問題は、ここからだろう。ここで、学校や教員、そして教育委員会が責めを負わなければならないことは否定のしようがないが、それだけで問題が解決するのかということだ。おそらく、ここ数年の子どもたちの変化は、学校や教員の理解も、能力も超えている。子どもをとりまく消費社会の肥大化の中で、子どもの意識も生活も、学校や家庭の対応だけでは、接近できないような様相が生じているのではないか。家庭の困難の増大も同様だ。格差社会の拡大は、たんに個々の努力では、子どもの成長など支えることができないほど困難をつくりだしている。ここに、教育行政による結果を数値でもとめる”評価”制度が事実上もちこまれいる。これでは、いじめの問題など解決する糸口すら見つからない。
 たしかに、いじめや子どもの問題に正面から向き合うすばらしい教師たちの努力や実践は少なくない。そこに学ぶことは重要だ。が、しかし、同じぐらい、経験も力量ももった教師たちが、子どもに対してどまどい、疲弊し尽くしていることも事実だ。問題は、そして、今求められていることは、まず、現状を、教育の専門家の視点で、しっかり提示すること、教育の専門家として、何をしようとして、何がうまくいっていないかも含めて、すべて公開するということではないだろうか。そして、子どもの声、親の声をていねいに聞くとりくみが必要なのではないのだろうか。

 この問題を通じて、教員の”評価”という問題に一面化されたり、上からの点検ということが強められないかということにも懸念を覚える。そういえば今日から教育再生会議がスタートした。基本法の審議のゆくえを含め、教育のあり方も正念場を迎えている。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ふたたび軍事的対応に傾斜しないこと | トップページ | どこまで企業本位を主張するのか »

コメント

ブログ、クリックしておきました!

『天皇なんかいらないし、4回の外遊で8億という税金を使っても平然としている小泉のような2世・3世議員たちはいらない。国政調査費といって5千万円を飲食代に使うような議員たちもいらない。税の重みや国民の痛みがわからない権力者たちはいらない!
 国民の税が、本当に必要としている国民にわたるように、税が公平に使われ公平に分配されるような福祉国家を、日本人は築くんだ!』http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/

投稿: 000 | 2006/10/19 20:37

 はじめまして。ありがとうございます。ぜひ、ちょくちょく遊びに来てください。いろいろ議論したいものです。

投稿: YOU→OOO | 2006/10/20 00:09

私は、小学校12年、中学校14年間在籍し、今小学校で教職に就いていますが、「いじめ」問題は どの年にもありました。今の学校にもあります。どの学級にもあり、「ない」学級なんてあり得るのかと思うぐらいです。これだけ 社会で問題化されているにもかかわらず、現場では まったく取り上げられない状態です。特に 小学校では 学級担任が 王様のようになっており わたしのような 教科担任が 出る幕はありません。問題は、問題があっても ぼかして 表面化させないことが、ベテラン教師の手腕…。管理職の願いで 子どもの成長発達なんて 真剣に考えていないように考えているように思います。それより 文科省の方針をどう やりきるかです。子どもに向かう教育でなく、文科省・県教委に向かっている教育なんですよ。また、私自身 この間の「いじめ」自殺については、つらい経験があります。遺書がないため「いじめ」が原因で自殺であったということが「確認」がとれず、単なる自殺になったことがありました。ずいぷん 会議でやり合ったのですが、始めに結論がありきで 「教育委員会」の結論が決まっていました。そういう学校は、「いじめ」が蔓延していて 点でなく線から面に広がっていたのです。とても つらい経験でした。特に中学校に子どもたちが入ってから 「競争」が熾烈になることで、「いじめ」が深刻化するように思います。教育委員会のあり方が問われていると思います。今の文科省の方針では、ダメです。「教育基本法」の原点に立ち返って、「人格の完成」のための教育、現場に「不当な介入」をしないことが大切だと思います。そうしないと 文科省に向かう教育になって、子どもと立ち向かえる教育に安心して 教員が 向かえないからです。ほんまに しんどいよ。でも、子どもが大好きだよ。

投稿: yasu | 2006/10/20 23:32

 子どもたちの声、そして、現場の先生たちの苦悩に思いをよせ、私たちも、真摯にこの問題に向き合わなければならないと痛感します。もしかしたら、親としても、いじめの問題は、かなりあきらめみたいな思いがあって、学校とのつきあいでも、知らず知らずのうちに、本格的には、避けていたかもしれないと、反省しています。問題を国民的に議論する重要な契機なのかもしれません。

投稿: YOU→yasu | 2006/10/21 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12334964

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ雑感:

« ふたたび軍事的対応に傾斜しないこと | トップページ | どこまで企業本位を主張するのか »