« 9条の会の学習会 | トップページ | 昨日は、友人と飲みました »

2006/10/09

民主教育研究所の教育研究集会

20061008133212 昨日と今日は、明治大学を会場におこなわれた民研の教育研究集会にいってきました。
 一日目は、堀尾先生の講演と、佐貫さんの基調報告。そして、梅原利夫さん、田中昌弥さん、植田一夫さんによるシンポジウム。教育基本法改悪が重大な情勢になるもとで、教育内容についても、国家による介入が強まろうとしています。PISA型学力だとかいうことが声高に強調されるなかで、教育課程というものがどうなっていくのか。佐貫さんの話にも、梅原さんや田中さんの話にも、少し難しかったけど、学んだり、指摘をうけたことはたくさんありました。そして、小学校教員の植田さんです。今年の8月もふくめ、何回も彼の話は聞いていますが、この1カ月のあいだにも、またまた、新しい発見が、彼の教室のなかにあることにおどろかされます。
 今日は、開かれた学校づくりと教育委員会のあり方をテーマとした分科会に参加しました。研究者の発題のあと、東京、高知、そして埼玉の鶴ヶ島からの報告です。東京の強権的な教育行政がどうつくられていったのかを人事の面から考察。高知の「土佐の教育改革」の10年の総括です。そして、地域の自主的な改革をすすめた鶴ヶ島の教育委員会のとりくみです。開かれた学校づくりという切り口から、教育委員会のあり方をさぐるという問題意識から、学校の有り様や教師の役割なども議論になり、とても充実したものでした。
 休み時間などに、何人かの人と話をしました。久しぶりにあった人、初対面の人。こうしてたくさんの刺激をうけると、それはそれで、力がわいてきますよね。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 9条の会の学習会 | トップページ | 昨日は、友人と飲みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/12217965

この記事へのトラックバック一覧です: 民主教育研究所の教育研究集会:

« 9条の会の学習会 | トップページ | 昨日は、友人と飲みました »