« 競争主義のなかで | トップページ | 長男の帰省(その後) »

2006/08/25

タッチ

Touch 原作の漫画は、私が20代のころのもの。読んでましたね。少し、懐かしさを感じながら、仕事のピークも越えたこともあって、思わず見入ってしまいました。映画そのものは、まあ、なんというか、評価はしようがありませんが、若い頃の思い出もつまっていますから。でも、監督の犬童一心さんは、きらいじゃありません。ジョゼなってよかったし。私も、少し気持ちも若くね。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 競争主義のなかで | トップページ | 長男の帰省(その後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11605905

この記事へのトラックバック一覧です: タッチ:

« 競争主義のなかで | トップページ | 長男の帰省(その後) »