« 若者に夢と働く場を | トップページ | 若者が働くとき »

2006/08/08

拡大する格差 労働経済白書

 今日の夕刊で、労働経済白書がいっせいにとりあげられています。すでに、実物は、厚生労働省の白書のコーナーで全文がアップされています。新聞の報道で見る限りも、興味深い論点が提示されています。
 たとえば朝日新聞のWEBを開いてみても

 20代の所得格差広がる 労働経済白書(朝日新聞)
 派遣やアルバイトなど非正社員が多い20代で所得格差が広がっていることが、厚生労働省が8日まとめた06年版「労働経済の分析」(労働経済白書)で分かった。20代では年収150万円未満の人が増えて2割を超える半面、500万円以上の人も増加。また正社員も成果主義の影響で賃金の差が広がり、40代後半では最も高い層と低い層の月収差が30万円を超えた。白書では、格差を固定化させないための対策の必要性を訴えている。……

 同じ、朝日のWEBに、次のような記事もあります。
 「年長フリーターの固定化、社会負担増」 労働経済白書(朝日新聞)
 厚生労働省が8日発表した労働経済白書(06年版)は、大手製造業の工場で「請負」を含む外部労働力の活用が増えている実情を大きく取り上げ、「就職氷河期世代の『年長フリーター』」がそうした不安定な雇用に甘んじている実情を詳しく示した。この層が社会的に固定化されれば、少子化のさらなる進行や将来の社会的負担の増大など「負のシナリオ」が現実になりかねないと白書は警告している。……

 夕刊を読むと、請負拡大に苦言などの指摘もあるようです。十分、検討に値するような内容であるようです。その内容はいずれ。ただ、もう1つの問題は、こうした状況を解決する実効性のある政策とたたかいです。多くが労働現場の問題です。労働組合の役割は大きいと思います。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 若者に夢と働く場を | トップページ | 若者が働くとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11344189

この記事へのトラックバック一覧です: 拡大する格差 労働経済白書:

» つまり、いらない子なんでしょ。 [龍太郎のすいすいダイアリー]
相変わらず疲れが取れません…。 今日はこんなニュースを見つけましたよ。 「年長フリーターの固定化、社会負担増」 労働経済白書 今さら何を言うんですか、って感じなんですけど。 バブル崩壊後の「就職氷河期」に学校を卒業したこの世代には、職業能力を身につける上で重要な時期に「請負」など不安定な非正規雇用に応じざるを得なかった人が多い。そうした人たちは十分なキャリア形成を図ることができず、離職、転職を繰り返す結果となりがちだ。一方、フリーター経験をキャリアとして積極評価する企業は少ない。... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 23:33

« 若者に夢と働く場を | トップページ | 若者が働くとき »