« 憲法「改正」と地方自治 | トップページ | 首相が8・15靖国参拝に意欲 »

2006/08/09

教科研大会

 今日は、職場での仕事は午前中で切り上げて、午後から、埼玉・川越でおこなわれていた教科研の大会に行ってきました。ことしの夏は、教育関係の研究集会をがんばってはしごしています。歴教協、全進研、そして教科研です。この後、教研集会にも参加の予定です。研究集会の参加で、時間が取られる分、仕事がたまって大変ですが、一方で、いろいろ議論を聞くことは仕事にとって不可欠です。
 さて、今日は予定通り、思いっきり遅刻して、文化行事と、田中孝彦先生の報告はパス(ごめんなさい)、太田尭先生の記念講演から。大家の大所高所からの話は、少しコメントをつくずらい。その後、高橋哲哉さんの特別報告。運動報告にしてしまったので、高橋さんの持ち味は半減。でも愛国心のところ、教育基本法が、偏狭な愛国心の押しつけの歯止めをもっていなというくだりはさすがに面白かった。愛国心のいう国家とはとの関係で、結局、それが、統治機構をふくまないとしたことの危険性などなど。
 その後、大分科会があり、学校評価と学校づくりの分科会に参加。まず、勝野正章さんの報告があって、これはさすがですね。学校評価と教員評価によって、教育関係の空洞化が生じていること、教育の市場化、商品化がすすめられようとしていること、しかし一方で目標の管理という統制が強まっていること、教育不信のもとで、どう学校や教職員に対する信頼を回復していくかということ。最後は対話と共同という提起だが、その線は現実には細く弱く聞こえる。このあたりは少し議論したかったような。
 会場を去ろうとしたら、知り合いの大会事務局の方から、飯をくっていけと(もちろん金を払って)。どうも交流会の参加がすくないよう。結局、交流会に参加して、知り合いの先生たち、若手研究者たちとおしゃべり。まあでも、そこでもしっかり仕事をして。関西の先生方とも少し交流して、元気をわけてもらった。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 憲法「改正」と地方自治 | トップページ | 首相が8・15靖国参拝に意欲 »

コメント

教科研にいらしたのですね。
 当初の予定では、私は今日の午後、分科会に参加するつもりでした。それが私の予定変更で行かれず・・。
 もしかしたらYOUさんとニアミスするかも、などと楽しみにもしていたのですが。

投稿: さくらおばさん | 2006/08/10 22:01

 あらら。残念でしたね。でも、まあ、きっと近々どこかで、お会いするような予感もあります(笑い)。ぜひ、そのときが楽しみです。

投稿: YOU→さくらおばさん | 2006/08/11 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11360954

この記事へのトラックバック一覧です: 教科研大会:

» 教科研大会への参加ありがとう [「神楽坂日記」]
教科研のホームページを更新しながら、教科研のことを書いてくれているサイトをさがし [続きを読む]

受信: 2006/08/27 19:35

« 憲法「改正」と地方自治 | トップページ | 首相が8・15靖国参拝に意欲 »