« 首相の靖国参拝 | トップページ | 日常の生活へ »

2006/08/15

韓国では光復節

 一方、韓国は今日、光復節である。この韓国にとっての祝賀の日にかなたの人はどう靖国参拝をみたのか。
 韓国の朝鮮日報から

 盧大統領「日本は過去を反省し、謝罪を裏付ける実践を」
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は61回目の光復節記念式典での式辞で「北東アジア地域の新たな統合の秩序を構築し、地域平和と協力秩序を揺るがす覇権主義に対して警戒しなければならない」と述べた。
 ……
 盧大統領は最近の日本を含む韓半島(朝鮮半島)周辺地域の情勢について、「不幸にも北東アジアには、今も過去の不安な時代の遺物がうごめいている。日本の憲法改正論議について憂慮しているのもそのためだ」と日本に批判の矛先を向けた。
 そして「第2次大戦が終わって長い歳月が流れた。平和憲法の改正論議そのものについて、その是非をうんぬんするのは出過ぎた行為かもしれない。しかし日本は憲法を改正する以前に、過去を心から反省し、謝罪を裏付ける実践をすることで、過去のようなことを繰り返す意思がないことを証明しなければならない」と強く注文した。 ……

 批判は、大統領や与党から出されているわけではない。野党のハンナラ党も同様だ。
 ハンナラ党「小泉首相の靖国参拝は現代版第2の侵略」
 野党ハンナラ党スポークスマンのユ・ギジュン氏は同日、「光復節の日に靖国神社参拝を強行したことは、被害国のまだ癒されていない傷に塩を塗るのと同じ行為。これは侵略行為を正当化するものであり、小泉首相による現代版第2の侵略」と批判した。
 またユ氏は「小泉首相の靖国参拝は、日本が依然として帝国主義の妄想に取り付かれているとの疑いを持たざるをえない。靖国参拝は結果的に日本を国際社会から孤立させる」と警告した。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 首相の靖国参拝 | トップページ | 日常の生活へ »

政治」カテゴリの記事

コメント

暑い日が続いていますね。台風も心配ですが。
歴史関係を仕事の一つとする私にとって、YOUさんのブログはいつも勉強になります。
私も靖国問題は関心大で、そんなメモを書いたりしています。
http://antiwarnowar.jugem.jp/?eid=125

そういえば、私の所属する研究会のメールで流れていましたが、靖国神社は英訳すると「National War Shrine」なんだそうですね。
海外のニュースではこのようなことばで報道されているらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国では光復節:

« 首相の靖国参拝 | トップページ | 日常の生活へ »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30