« 三笠宮の謝罪 | トップページ | キャンプ »

2006/08/11

若い教員の自死

 昨日(正確には一昨日)につづいて、今日も午前中だけ、教科研の大会へ(午後からは仕事)。「教師の危機と希望」という分科会に参加した。久冨先生の新聞記事から見るこの一年の教員という報告のあと、各地の教員をめぐる問題が報告された。そこで、つぎつぎ出されたのが、ベテラン教員のうつ病そして退職とともに、若い、新任の教員の自死の例の数々。教員の自殺の数も驚くほど多い。
 しかも、それを学校が対応できなくなっている。たとえば、報告された越谷市の例では、早朝、学校で新任教員が自殺したのだが、そのまま予定されていた授業も参観もおこなわれたという。長崎の事件で、少女のよる殺人のあとも、給食を理由に学校を休まなかった異様さと重なる。静岡の教員の抗議の焼身自殺も同じだ。学校はどうしてしまったのだろうか。
 子どもへの評価の細分化、機械化。そして学校評価、教員評価。およそ教育的な活動にそぐわないような評価の肥大化が進行している。先の学校の異様な状況と、このこととは無関係ではあるまい。どこに、展望を見いだすのか。午前中の議論だけでは内向き。午後から抜けたのが残念。その答えを見つめていきたい。

 さて、あわただしい仕事の合間をぬって、明日から、ややまとまった休暇。ちょっと、帰省もあり。帰省中は、携帯からの投稿を期待していて!
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 三笠宮の謝罪 | トップページ | キャンプ »

コメント

同感
教師である前に人間であるのに、今 人間を殺す様々な抑圧が私たち教職員にふりかかっています。そして、人間としての権利・自由を守る組合も 存在感がなくなっているのです。教師は、自己保身に走り 子どもを守るという一番大切なことを捨てているようにと感じています。息の詰まる職場…。上意下達の職場関係の中 今 本当のあるべき教育の姿がなくなりつつあります。自分で考え 創造的で自由な 個性あふれる教育でなく 文科省を基準として どうしたら お上に沿う教育活動ができるのか 教師も 子どもと同様に競い合っています。残念

投稿: yasu | 2006/08/11 19:05

 学校に限らず、できる、役に立つという競争主義的なまなざしがあまりにも強い感じです。学校に、共同という言葉や、同僚性という言葉をどう再建するのか、もっと言えば、発達ということや人間の尊厳ということの大事さをどう根づかすのか。いろんなことを考えますね。

投稿: YOU→yasu | 2006/08/17 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11377490

この記事へのトラックバック一覧です: 若い教員の自死:

« 三笠宮の謝罪 | トップページ | キャンプ »