« 次期首相の靖国参拝、反対60% | トップページ | 金大中事件、韓国政府が関与認める »

2006/07/25

検証 戦争責任Ⅰ

026937120000 読売新聞が連載特集を組み出した本がこれだ。いま、読み始めている。ものすごく読み応えのある本だ。それなりの歴史研究者の力も借りてつくられているのだと思う。読んでいて、面白い。まだまだ、感想をいったり論評したりするほどではないが。
 かつて渡辺恒雄は、この連載について、「一年間やって、二〇〇六年の八月一五日をめどに、軍、政府首脳らの責任の軽重度を記事にするつもりだ」、「道徳的責任や結果責任の軽重について、誰が一番悪かったか、誰ぐらいまではまだ許せるが、ここから先は本当によくない、というような判断基準を具体的に示そうと思っているんですよ」と説明していた(『「靖国」と小泉首相』)。お手並み拝見である。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 次期首相の靖国参拝、反対60% | トップページ | 金大中事件、韓国政府が関与認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11099688

この記事へのトラックバック一覧です: 検証 戦争責任Ⅰ:

» 昭和天皇とメレヨン島 [ニュースは踊る]
メレヨン島という島がある。トラック島の西、グアムの南、パラオの東、の孤島である。この島でおこったことはほとんどの日本人が知らない。小学館の昭和の歴史でも2ページしか叙述はない。 昭和19年4月。メレヨン島で、完全に補給を絶たれた日本上陸軍は、パラオで玉砕したいと申し出るが、船が皆無であり、認められなかった。以後1年、6500名余りが飢餓と戦うことになる。 この島にでも「上官と兵の生還率」�... [続きを読む]

受信: 2006/07/26 16:18

« 次期首相の靖国参拝、反対60% | トップページ | 金大中事件、韓国政府が関与認める »