« 子供たちの心が見えない…(ドキュメント06) | トップページ | 合併で低空飛行が… »

2006/07/31

イノセント・ボイス

B000fhvubq01_ss500_sclzzzzzzz_v63782340_ これもDVDで見ました。すごく、すごく切ない話です。

 1980年、中米の小国エルサルバドルは政府とゲリラの内戦下にあった。11歳の少年チャバが住む小さな町は、軍とゲリラの勢力のほぼ境界線にあり、銃撃戦がなかば日常的に行なわれている。チャバの家にも銃弾が撃ち込まれた。そんな中でも友だちと遊び、初恋も芽生え、子どもらしく暮らすチャバ。しかし兵士が足りない政府軍は、12歳になった子どもたちを強制的に徴兵していた。やがて学校は閉鎖され、チャバの誕生日も迫ってくる。

 昨年、亀も空を飛ぶという映画をみた。イラク・クルドの話だったが、この映画は、エルサルバドルの内戦。かくも、戦争は子どもたちに過酷なことを強制するのか! 少年期が奪われる! あえて日本と比較すまい。この世界の未来をつくるのも私たちの仕事。今も戦火は続いているのだ。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 子供たちの心が見えない…(ドキュメント06) | トップページ | 合併で低空飛行が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/11172705

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ボイス :

« 子供たちの心が見えない…(ドキュメント06) | トップページ | 合併で低空飛行が… »