« 若者の学びと葛藤 | トップページ | 遊就館の戦犯遺書、国が収集依頼 »

2006/07/30

クラッシュ

20051226001fl00001viewrsz150x
 映画です。DVDで見ました。クラッシュです。たった36時間におこった人間模様。人種差別ということをキーワードとしながら、人種のろつぼ、あらゆる階層と価値観のつまったアメリカという国の不安社会、いらいらした社会の病理を、連鎖する事件をとおして、みごとにあぶりだしています。アメリカ映画をみると、俳優がすごいなあなんて正直思います。やはり。
 希望はどこにあるのか。なかなか映画にこめられたものへの評価もむずかしいところです。が、私たちの社会でも、この社会に存在する不安に正面から向き合っていかなければいけなくなっているように思えます。権力や力はそこでは、なんら意味はありません。そんな時代に生きる、覚悟みたいなものを考えながら、この社会の行く手を考えたいなあと思います。
 映画としても合格点です。
Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 若者の学びと葛藤 | トップページ | 遊就館の戦犯遺書、国が収集依頼 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ:

« 若者の学びと葛藤 | トップページ | 遊就館の戦犯遺書、国が収集依頼 »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31