« だってワールカップなんですもの | トップページ | 国会は閉じたけれど »

2006/06/15

いったいどこが安全というのでしょうか

 今日の新聞で、目立つのは、医療改悪法が成立したことでしょうが、横須賀市長が、原子力空母を容認したことがひっそりとのっていました。神奈川新聞からひらってみると

横須賀市長が原子力空母容認
 在日米海軍横須賀基地の原子力空母配備について、横須賀市の蒲谷亮一市長は十四日、市議会全員協議会で「やむを得ない」と配備の容認を表明した。市長の容認を受け、日米政府は空母接岸用「12号バース」のしゅんせつ工事など、二〇〇八年夏に予定されている原子力空母「ジョージ・ワシントン」配備に向けた取り組みを本格的に進める。反対派の市議や市民団体などは、市長選の「公約違反」として市長への批判を強めている。
 蒲谷市長は、十二日に横須賀を訪れた麻生太郎外相が通常型空母の可能性が百パーセントないと断言したことを強調。「外相の発言は重く受け止める。通常型空母の可能性がゼロになった今、現実を直視し、原子力空母の入港はやむを得ないことと受け止め、市民の安全を守り、市民に不安を与えないように必要な体制整備を日米政府に求めたい」と述べた。
 ……「なし崩しの空母配備」を危惧(きぐ)し、横須賀商工会議所の小沢一彦会頭が主要四会派の市議らと安全性検証で米国を視察。帰国後、視察メンバーや自民党市議団が容認を表明したことを受け、市長は「通常型空母の可能性は極めて厳しい」と容認に傾いていた。

 ただ、だれも、この空母の機関部は見ていないし、その構造などの情報を有していないですよね。軍事機密だから。どこが安全だというのでしょうか。
 首相のお膝元ですから、自民党筋の圧力はそうとう大きなものがあったことは想像できますね。やはり、住民自身のねばり強く声とたたかいがいま大事なんだと思います。

Banner_02人気blogランキングへ よろしければクリックしてください

|

« だってワールカップなんですもの | トップページ | 国会は閉じたけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/10539827

この記事へのトラックバック一覧です: いったいどこが安全というのでしょうか:

» 横須賀市長、原子力空母配備を容認 [飯大蔵の言いたい事]
 横須賀市は原子力空母配備に反対していたと報道されていたのに、あっけなく容認の報道だ。 原子力空母 配備を容認 横須賀市長 母港化へ動き加速 2006年 6月15日 (木) 03:21 産経 [続きを読む]

受信: 2006/06/16 00:54

« だってワールカップなんですもの | トップページ | 国会は閉じたけれど »