« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② »

2006/05/11

日米合意を沖縄は受け入れたのか?

 先の米軍再編の日米合意、今日、稲嶺県知事と防衛庁長官、首相が相次いで会談、「在沖米軍再編に係る基本確認書」を交わしたそうです。これは、事実上の、合意受け入れだということも言われています。稲嶺知事自身は、受け入れたわけではないとも言っています。先の、名護市長らとの合意にも、その前に、山崎拓が頻繁に、沖縄に足を運ぶなど、くり返し圧力をかけました。今回も、知事に相当な圧力をかけたことは想像がつきます。沖縄の報道を見てみると

「政府案基本」で合意/普天間移設(沖縄タイムズ)
 日米が在日米軍再編の最終報告に合意したことを受け、稲嶺恵一知事と額賀福志郎長官は十一日午前、防衛庁で会談し、「在沖米軍再編に係る基本確認書」に合意した。合意事項には、普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部移設(政府案)を基本として、同飛行場の危険性除去に留意して対応することなど、五項目を明記。稲嶺知事は、額賀長官と同席した会談後の記者会見で「(滑走路二本案の合意とは)まったく違う。県の基本的な考え方に変わりはない」と否定した。ただ、防衛庁は今回の合意で県が事実上、最終報告を容認したと判断。今月中の閣議決定に向け、政府内の調整を加速する考えだ。…

 沖縄タイムズは、さらに、県内の反発を紹介しています。「宜野湾市民も『移設案は実現性がない』と批判した。経済界からは、知事の立場を擁護する声が上がった。…移設先の区長らは『知事はやむを得ない苦渋の選択をした』と同情を寄せる一方、『基地被害への不安などまだ解決すべき問題は多い。これから国、県、市でしっかり話し合ってほしい』と注文を付けた。…二見以北十区の会の浦島悦子共同代表は『知事が沿岸案反対で持ちこたえていたのが救いだったが、それすらもなくなった。普天間の危険除去という県民の願いを、米軍や日本政府にうまく利用されてしまった』と憤る。ヘリ基地反対協の仲村善幸事務局長は、稲嶺知事に対し『政府に追い詰められ、圧力に屈した』と批判。『県民の怒りや反発が、ますます強くなる』と警告した。…名護漁協の神山正樹組合長は十日に、市や那覇防衛施設局に「滑走路二本案反対」を要請したばかり。個人的な意見と断った上で、『だからと言って知事が求めているヘリポート建設は民間地域に近く、地元三区の反発が強い。何とも言えない気持ちだ』と、複雑な心境を語った。三月の県民総決起大会で実行委員会の共同代表を務めた比嘉幹郎・元副知事は『いろいろ条件をつけてはいても「政府案を基本」ということに合意したのは、従来の知事のスタンスから外れるものではないか』と批判した」などです。

新沿岸案基本で合意 知事、大幅軟化 普天間移設政府会談(琉球新報)   【東京】普天間飛行場移設問題で額賀福志郎防衛庁長官と稲嶺恵一知事が11日午前、防衛庁で会談し、日米安全保障協議委員会(2プラス2)で承認されたキャンプ・シュワブ新沿岸案を基本に、普天間飛行場の危険性除去などに留意して協議を続けることで合意、在沖米軍再編にかかる基本確認書を交わした。県はこれまで「辺野古沖移設の従来計画以外なら県外移設」と主張してきたが、対応を大幅に軟化させた。政府はV字形に2本の滑走路を建設する新沿岸案を基に、県との協議を進める構えだが、稲嶺知事は「県の姿勢は変わらない」として新沿岸案を容認せず、キャンプ・シュワブ内への暫定へリポート設置による普天間飛行場のヘリ基地機能の移転を求めた。…

 政府の顔を立てた、いわば玉虫色の「合意」とでも言えばいいのでしょうか。苦渋の決断だったことは、知事の顔色からもわかります。
 ちなみに、地元テレビは、次のように報じたそうです。
 「稲嶺知事は政府が進める沿岸部への移設案を容認していないと説明していますが、政府案を基本に今後協議していくことから事実上の黙認といえそうです」(OTV)。「会見の中で稲嶺知事は、日米が合意した滑走路2本の案に合意したのではない、と強調し、今後の話し合いで暫定へリポートの建設を求めていく考えを強調しています」(RBC)「知事(Q.県はV字滑走路の計画に合意したのか?)『それは違います、あくまで確認書を基本に話し合うということです』。今回の合意は、政府案を容認せず断絶状態が続けば、普天間の危険性の除去が一向に進まない懸念がある事から稲嶺知事が、態度を軟化させたものと見られます。この為、政府内には事実上の受け入れ表明と取る向きもあり今回の合意に県内では困惑の声もあがっています」(QAB)。

Banner_02人気blogランキングへ よろしければクリックしてください

|

« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/10024990

この記事へのトラックバック一覧です: 日米合意を沖縄は受け入れたのか?:

« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② »