« 沖縄・本土復帰34年 | トップページ | いよいよドイツへ »

2006/05/16

なぜ教育基本法を変えてはいけないのか③

 いろいろ勉強しているんですけど、なかなか文章を考える時間的余裕がありません。ただ、1つ前提問題で考える必要があるのが、「改正」案を提出している人たちは、はたして改正理由を説明しているかという問題です。だいたい、自民党のタカ派の人たちは、ライブドア事件も教育基本法のせいだという人たちですから、そんなこと提案理由にはならない、いいがかりでしょう。いじめや引きこもりなどの問題も、はたして、教育基本法のせいなんでしょうか。今日、報道ステーションで、世論調査を発表していました。教育基本法を「改正」して教育がよくなると思わないと言うのが圧倒的多数でした(数字はひかえていません)。そこにも反映しているのではないでしょうか。
 もう1つ、世論調査で目立ったのは、慎重に時間をかけて審議すべきだというもの。そもそも教育の憲法とよばれる教育基本法は、何度も書いているように、現憲法と一体のものです。これを変えるのには、それそうとうの理由がなければならないのは当然です。そこをしっかり、審議しなければなりません。

Banner_02人気blogランキングへ よろしければクリックしてください

|

« 沖縄・本土復帰34年 | トップページ | いよいよドイツへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/10103729

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ教育基本法を変えてはいけないのか③:

« 沖縄・本土復帰34年 | トップページ | いよいよドイツへ »