« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② | トップページ | 教育法学会教育基本法研究特別委員会のHP »

2006/05/12

プラネット・アース

060509_b NHKでプラネット・アースという番組を、日曜日から水曜日まで、やっていました。そのうち火曜と水曜のものを、二男といっしょに見ました。

誰もみたことのない地球の素顔を、極上の映像で描く
これは、NHKとBBCが五年の歳月をかけて撮影・制作した大型自然ドキュメンタリー。
神秘と美しさにあふれる生命の星・地球の姿を、最高のハイビジョン映像で描いた野心的なシリーズです。
二十一世紀に入り、私たちは地球上のすべての自然を知っていると思い込んではいないでしょうか?しかし、まだ目にしたことのない風景、見たことのない生きものたちのスペクタクルが地球には残っています。……

 見たことのない、生物たちの姿を、最新鋭の技術で撮影したこの番組。動物奇想天外なんかよりも、何倍もびっくりするようなその姿は、驚きの連続でした。1つの惑星としてのこの地球の自然を、私たちの知恵と勇気で守らなければならないことを十分に考えさせてくれる内容でした。
 さて、もう1つ感じたことがあります。たとえば、自然の姿の背景を、番組では、化学反応や進化ということで説明しています。ところが、現在の中学の学習内容では、化学式も進化も出てこないわけです。環境の問題など、子どもの目線でも、関心のある問題が、実は、中学卒業の知識では十分に理解できないわけです。私は、個人としては、ゆとり教育も総合的学習の時間もそんなに反対ではありません。が、そうであっても、これは子どもの知的関心にこたえているとは言えないのも事実です。ここには明らかに、現在の教育制度のもつ問題、矛盾があります。
 さて、これが、現在の教育基本法とどう関係があるのか。それは後日です。が、いずれにしろ、そんなことも、子どもと話しながら番組を見ていて感じた1つの面でした。

Banner_02人気blogランキングへ よろしければクリックしてください

|

« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② | トップページ | 教育法学会教育基本法研究特別委員会のHP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/10038532

この記事へのトラックバック一覧です: プラネット・アース:

« なぜ教育基本法を変えてはいけないのか② | トップページ | 教育法学会教育基本法研究特別委員会のHP »