« 教育法学会の記者会見 | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① »

2006/05/10

経済同友会が靖国参拝再考を提言

 昨日、ネットでは流れていたので、エントリーしたかったのですが、眠かったので…。
 「首相の靖国参拝再考を」 経済同友会が提言したというニュースです。
 経済同友会は9日、小泉首相の靖国神社参拝に再考を促すことなどを盛り込んだ「今後の日中関係への提言」を発表した。経済団体が政策提言として、首相の靖国参拝に異議を唱えるのは異例だ。民間人を含む戦争犠牲者すべてを慰霊する無宗教の追悼碑を、国が建立することも提案。福田康夫氏が官房長官時代につくった私的諮問機関が提言した国立追悼施設構想が下敷きになっているという。9月の自民党総裁選にも影響を与える可能性がある。
 提言は、日中の首脳会談が開けない現状に対して「極めて憂慮すべき情勢」との認識を示し、「中国等アジア諸国に少しでも疑義を抱かせる言動を取ることは、戦後の日本の否定につながりかねず、日本の国益にとってもプラスにならないことを自戒すべきだ」とした。……(朝日新聞)
 この本文は、経済同友会のホームページで、読めます。
 もっとも、日中関係のなかで、首相を批判するのですから、首相の対応は目に見えていたわけですが。

 首相、同友会提言を拒否(共同通信)
  小泉首相は9日、首相の靖国神社参拝に再考を求めた経済同友会の提言に対し「財界の人から商売のことを考え(参拝に)行ってくれるなとの声もたくさんあるが、それと政治は別だとはっきりお断りしている」と拒否し、今年も参拝する意向を示唆した。終戦記念日の8月15日に参拝するかは「適切に判断する」と述べるにとどめた。…

 「商売とは別」首相が反発 経済同友会の日中関係提言(朝日新聞)


 これに対し公明党の神崎代表が苦言。
 首相の「商売」発言に神崎代表が苦言(朝日新聞)
 小泉首相が靖国神社参拝の再考などを求めた経済同友会の提言に対して「商売と政治は別」などと発言したことについて、公明党の神崎代表は10日の記者会見で「経済にも悪影響が出始めてきたという危機感で(同友会が)発言されたのだと思う。そういう経済の実態を把握して対応をお願いしたい」と語り、首相の姿勢を批判した。……

 自民党の若手グループから首相への熱烈な支持表明もあったようですが。

Banner_02人気blogランキングへ よろしければクリックしてください

|

« 教育法学会の記者会見 | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① »

コメント

私もこの記事、読みました。靖国問題でも、小泉氏の立場が矛盾にぶつかっている事の証拠かなと読みました。この問題の解決が、「急務中の急務」ということを、あらためて実感しました。

投稿: | 2006/05/10 22:23

 小泉さんの発言も、開いた口は広がりませんが、自民党の若手議員たちの、応援なるものがあまりにも偏狭なナショナリズムに彩られていることには、恐ろしさも感じます。やっぱり、国民的に議論が深まっていかないとダメな問題なんだろうなとつくづく思いますね。

投稿: YOU→洋 | 2006/05/10 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/10009697

この記事へのトラックバック一覧です: 経済同友会が靖国参拝再考を提言:

» Marketing and pr [Marketing and pr]
2006 college basketball recruits Philadelphia based companies Dish network satellite finder World po... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 03:09

« 教育法学会の記者会見 | トップページ | なぜ教育基本法を変えてはいけないのか① »