« 普天間移設受け入れ 反対7割 | トップページ | 久々の爆睡 »

2006/04/15

どこへ行く東京の教育

 昨日の毎日新聞のスクープです。

<都教委>職員会議で挙手や採決禁止 校長の効率的運営狙い
 東京都教育庁は13日、職員会議で教職員による「挙手」や「採決」を行ってはならないとする通知を都立高校など263校の都立学校長に出した。校長の意思を貫徹させた効率的な学校運営が狙い。旧文部省は00年に「職員会議は意思決定権を持たない」との通知を出しているが、挙手や採決そのものを禁止するのは極めて異例。教育現場での主導権確保を目指す同庁の姿勢を反映した内容だが、教職員の反発も予想される。……

 今日の朝日新聞でも後追いの記事があり、社説でも論じられていました。
 「あきれる、というよりも、思わず笑ってしまう、こっけいな話ではないだろうか。 」と。
 たしかにあきれるような話。学校に民主主義はどこにいくのだろうか? と。
 でも、ほんとうの問題はそこにあるのではないのです。すでに、東京の都立学校は圧倒的に、民主的な議論が封じられていることこそ問題なんです。本当は、メディアにはそこに迫ってほしいのです!

|

« 普天間移設受け入れ 反対7割 | トップページ | 久々の爆睡 »

コメント

おっしゃるとおり,メディアにどんどん追いかけてもらいたい事件です。毎日のように繰り返される「ある事件」の報道も大事かもしれませんが,わたしには納得いかず。マスコミは伝えるべきことを,つまり国民全体の生き方や考え方に関する問題を取り上げてほしいです。

投稿: KATEK | 2006/04/16 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/9611675

この記事へのトラックバック一覧です: どこへ行く東京の教育:

» 職員会議採決禁止  拝啓石原慎太郎様  続、もっと深く絶望せよ [時事放談22 By半平太]
拝啓  石原慎太郎様 こんな記事を読みました。 東京都教育庁は14日までに、都立学校の運営の適正化を期すためとして、職員会議で教職員による挙手、採決などの方法を使って意思確認を行わないよう求める通知を263の都立学校長に行った。重要事項を決める際に校長主導で行う方針を徹底させるのが目的だが、挙手、採決まで制限するのは異例。教職員の反発が予想される。 同庁は、職員会議は校長の職務を補助する機関であることを明文化した学校教育法施行�... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 05:12

» 「都教委の職員会議での挙手および採決禁止」は民主主義の貫徹である [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3昨日、平成18年4月15日付け朝日新聞社説font color=red「採決禁止 東京の先生は気の毒だ」/fontはあきれるというよりも思わず笑ってしまう、こっけいな社説だと思った。 それは、(甲)民主主義のなんたるかを理解していないものか、(乙)東京都教育委員会が職員会議での採決禁止を通知せざるをえなかった教育現場の惨状から故意か過失か読者の目をそらす姑息なもの、あるいはその両方であろうと私は考える。当該の社説を引用しておく..... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 13:58

« 普天間移設受け入れ 反対7割 | トップページ | 久々の爆睡 »