« 桜の下で…気分は絶不調 | トップページ | 4月1日ですから »

2006/04/01

黒田清 記者魂は死なず(再)

 yasuさんから、『黒田清 記者魂は死なず』についてのコメントをいただきました(私も『関西電力誤算上・下』は読みました)。
 さて、『黒田清 記者魂は死なず』を今日、読み終えました。今日も電車の中で、ボロボロ泣きながら読んでました。私は泣き虫ですから。読んでいて、大阪にいる先輩の思い出というのもわかりました。しっかり先輩は登場していましたから。
 弱さもふくめ何もかも包み込みながら、戦争を憎み、差別を憎む思いを、じっさいの活動のなかで、自分のなかに根を下ろしながら、太い人生を生きた人だなあとつくずく思います。それにくらべ自分は何ができているのだろうか、などともふと思ってしまいますが、同時に、「くよくよ考えたらあかん。自分の信じる道をいきなはれ」って言われているみたいで、すごく励まされた思いもあります。やっぱり、元気をもらいました。

« 桜の下で…気分は絶不調 | トップページ | 4月1日ですから »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田清 記者魂は死なず(再):

« 桜の下で…気分は絶不調 | トップページ | 4月1日ですから »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30