« 日本負担60億㌦ | トップページ | 鄭必堅の提言 »

2006/04/26

これは危ないぞ!

Nec_0042 先日の与党合意をうけ、昨日、自民、公明両党が、それぞれ教育基本法改正案の骨子を了承、28日に閣議決定されることになった。
 今日の衆議院の議院運営委員会では、連休明けの9日には、特別委員会が設置され(文部科学委員会だと定例日の審議だがその制約がなく)、一気に通過させるかまえだ。参議院では、特別委員会の委員長が、民主党の番になっているので、そのまま文部科学委員会で審議する予定だそうだ。まったくの党利党略だ。現在国会ににかかっている行革法は、特別委員会をつくって衆院は13日で通過した。会期末まで時間は限られているといっても、軽視できない、危険な局面に入っていると言える。
 中教審の答申(2003年3月)をうけ、与党が審議をはじめて3年。その内容が公開されたのは、中間報告の1度だけ。資料も回収する徹底した密室審議でおこなった結論を、国会の短期間の審議におしつけようという。それも、教育の今回に関わる法律であるにもかかわらずだ。ただただ強い憤りを覚える。写真は、今日おこなわれた教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会の院内集会から。このブログでも、教育基本法の論点はしばらくテーマにしたいと思う。

|

« 日本負担60億㌦ | トップページ | 鄭必堅の提言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/9777852

この記事へのトラックバック一覧です: これは危ないぞ!:

« 日本負担60億㌦ | トップページ | 鄭必堅の提言 »