« 良心の自由と子どもたち(再論) | トップページ | 9条改憲をめぐる世論調査の読み方 »

2006/04/03

親切なクムジャさん(続き)

 職場でも、この映画の感想には批判をうけました(笑い)。
 ただ、たんなるブラック・ユーモアだって、笑いえない映画ですよ。これ。ぞくってするほどつらいんです、やっぱり。
 議論もあり、その人なりに、いろんなことを重ねて見るんでしょうけどね。それだけに誤解も多いんでしょうが。

 パク・チャヌク監督自身が、この映画について語っているものを朝鮮日報から紹介しておきます。

 残酷の正体って何なんだろうか?

« 良心の自由と子どもたち(再論) | トップページ | 9条改憲をめぐる世論調査の読み方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親切なクムジャさん(続き):

« 良心の自由と子どもたち(再論) | トップページ | 9条改憲をめぐる世論調査の読み方 »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31