« 民主主義が壊される! | トップページ | 愛国心って何だ? »

2006/04/29

壊れる男たち

400430996409_ou09_pe0_scmzzzzzzz_ 最近、ある政党の幹部だった人が、セクハラ問題で処分をうけ、その後、その政党を離れ、その政党を非難する本がだされている。ある人のブログに、この問題を理解するには、この『壊れる男たち』という本を読めばいいという紹介があったので手にとってみた。セクハラ問題に、そんな関心をもっていたわけではないので、読んでいなかったけど、なるほどと思った。この元幹部は、セクハラの事実を認めながらも、その反省どころか、あたかも「冤罪」かのように主張する。そして、政党を非難するのは自分のプライドのためだという。この元幹部の本は、理性的な政治論などまったくないような気持ち悪い本だったけど、その理由が、『壊れる男たち』を読んでいて、なるほどっと思ったのだ。「主張が、いかに自分の中心であるのか」――自分の行為が、何を問われていたのかということにこの人はまったく自覚がないんだろうなと思う。

« 民主主義が壊される! | トップページ | 愛国心って何だ? »

読書」カテゴリの記事

コメント

なるほど、納得です。この本、読んでみたくなりました。

 読んでみた、ほんとに驚くほどなるほどでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壊れる男たち:

» 「壊れる男たち」感想文 [土佐高知の雑記帳]
「壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか」を読んだ。はじめに4章。次に3章、さいごに1章という具合に逆から読んだ。 率直な感想をいえば、著者の金子雅臣さんにはその意図はまったくなかったかもしれないが... [続きを読む]

« 民主主義が壊される! | トップページ | 愛国心って何だ? »

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30