« 親切なクムジャさん | トップページ | 普天間移設 続く膠着 »

2006/04/02

つくる会の続報

 3月29日の産経新聞に次のような記事があった。

 新しい歴史教科書をつくる会は28日の理事会で、会長を解任されていた八木秀次理事を副会長に選任した。7月の総会までに会長に復帰するとみられる。同会の内紛は事実上の原状回復で収束に向かうことになった。……。

 このことについては、つくる会のホームページにもある。
 どうもわかりにくい、つくる会の内紛劇だが、結局、もとに戻ったといえるのか、それとも日本会議などの勢力による巻き返しが成功したのだろうか。

 ことの経過の裏側を『諸君』5月号で、西岡というジャーナリストが「『つくる会』――内紛の一部始終」で明らかにしている。そこでは、前段の八木会長解任劇は、西尾幹二+藤岡信勝VS八木秀二+宮崎事務局長のたかいかいでの、藤岡の勝利としている。しかし、藤岡体制は、3月11、12日の評議委員会・全国支部長会議で、矛盾と破綻に直面する。ここまでを報告している。そして、3月末の八木復権、藤岡会長補佐解任である。
 いずれにしろ、教科書などをつくる資格があるようには思えないが、今後、どのような路線をすすめるのだろか。

|

« 親切なクムジャさん | トップページ | 普天間移設 続く膠着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/9399713

この記事へのトラックバック一覧です: つくる会の続報:

« 親切なクムジャさん | トップページ | 普天間移設 続く膠着 »